2004/6/24

古着の仕入れって?  おいらのなかみ




 一斉に飛んできて一斉にこの位置に!
微妙な間隔を保ちつつも見事な整列をする『鳥たち』。
すげかった。
(写真は本文と何の関係もございませんの。)

        *******************
おいらの古着の仕入れはセコンドショップ、つまり、中古屋さんでピックする。
一口に古着の仕入れといっても、いろいろなパターンがある。

        
何でもかんでも古着の山をまとめて山ごと仕入れるパターン。
いわゆる、ベール買い。
これが一番安く仕入れれるのだが、当然、いらないものがいっぱい入っている。
よって、昔の古着ブームの時はともかく、このご時勢、うちではやっていない。

業者さんに頼んで集めておいてもらうパターン。
これは効率は良いのだが値段が高くなるのと、集めてほしいもののニュアンスが微妙に違ったりして
やばいものが入ったりする。
これも今はやっていない。

完全な古着屋さんでピックのパターン。
効率、内容ともに良いのだが、あったりまえだけど、高い。
場合によってはこのパターンで一部を仕入れることもあるが、メインではない。

といった具合である。

今のパターンはとても効率が悪い。
凄い量の服を全部チェックするからだ。
場合によっては100枚見ても一枚も買えない事だってある。
それでも、だいたい一軒で200枚から300枚は抜くのでぶっ飛ばしてチェックしても2〜3時間かかるのだ。ハンガーを移動する手が痺れたりもするし。
手が止まって、おっ!って思っても、よくよくチェックすると汚れてたり、破れてたり、サイズがダメだったり、お値段が高かったり、で、ちぇっ!ってなる。
そうなのだ。
最近はこのパターンでも、お値段が高くなってしまったのだ。
10年前に比べるととんでもなく高い。
全部が全部、高いわけじゃないけど、名の通ったブランド物、状態の良い物なんかは、やっぱ、昔の5〜6倍になってしまった。
半額なら買えるのになあ、ってのが多い。
それはかなりストレスになって最近の悩みネタだ。

そのストレスを解消する方法がある。
あるにはあるのだが、これまた難しい。

チェーン店を持ってるお店なんかはクーポン券を出していたりする。
そのクーポンを持っていけば半額!ってなサービスがあるのだ。
ところが、そのクーポン、なかなか手に入らない。
ローカルの新聞や雑誌に不定期で載っているようなのだが、ずっとこっちに住んでいるわけじゃないおいらは、それが入手できないのだ。
顔見知りになった同業者に出会ったとき、頼み込んで分けてもらうのが精一杯。
でも、そんなチャンスはあまりないし、必ずくれるとは限らないしね。

ところが今日、こんなことが、あった。

   (以下、明日に続く。    ・・ねぶいでね。)



0



2004/6/24  23:19

投稿者:かじー@かじろぎゅっさん

なにー、ひっぱるだとーっ(ーー;)

ゴーヤの一本食いもいいけれども
バケツでところてんとか
バケツで卵豆腐とか

夏って感じがしないかい?(謎)

でも、山盛りの枝豆(できれば茶豆)がいいかな。

http://diary.jp.aol.com/wkfumwz2hv6/

2004/6/24  15:18

投稿者:かりんぼさくらんぼさん

かえでさん、かえでさん、
どうしようかなぁ〜と思ったんだけどね、
やっぱり教えてあげた方が親切かと思って出てきました。

字が違っとるよ。

>あはは、今日もかりんぼしゃんおっかすぃ〜♪

これは、今日も じゃなくて、
今日は もしくは 珍しく が正解!

ね〜、2時間で解決してもらわんと、気になって仕方ないよね〜♪
といいつつ、ついはまってしまう連続物!
ナルト23巻、はよ出んかなぁ。

2004/6/24  13:44

投稿者:かえでさん

きょうもねぶいですか(笑)
鳥ちゃんって良い子なんだなぁ。小僧にも見習わせんと!

sarasaraどのは雑貨だけじゃなくって、お洋服の仕入れも
頑張ってらっしゃるのね。
知らなかった…すごいなぁ。

なんか気の効かないベタなコメントですんまそん。
今日は心底そう思って尊敬してますの。

あはは、今日もかりんぼしゃんおっかすぃ〜♪
連ドラはダメですよね!
単発2時間スペシャルやないとね!

http://blog.livedoor.jp/bow_kaede/

2004/6/24  12:38

投稿者:かりんぼさくらんぼさん

きゃあああ〜〜〜〜
こんなことってどんなことぉ〜????
つづきだよぉお〜〜!!!
読み切りじゃないと次まで気になってしょうがないよぉおおおお〜〜〜!
週刊より月刊!
連続ドラマより火曜サスペンスだよぉおおお〜!
ナルト、早くでんかなぁ〜〜〜!23巻!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ