出もの腫れもの処嫌わず

書籍化100%不可能!「史上最凶の乳ガン患者」が病気と医療と社会について考えるBlog

 

PROFILE

最凶です。社会が求める乳ガン患者のイメージとは、かなりズレがあるかも。 ブロガー同盟やってます。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saikyou
>わしさん、はじめまして。
恐ろしいことにアメリカ政府としては、自国の制度が
うまく行っていないとは思ってないよーですね。保険
金が払えないという層は、去年の台風のときに車がな
くて逃げられなかった南部の貧乏人同様、棄民してし
まっても構わないと考えているんじゃないでしょー
か。子どもの出生時の死亡率が上がっても、そのほと
んどは貧困層で子どもの数が多い黒人やヒスパニック
だから、マズいことだとは思わないんでしょーね。と
ころで、アメリカの保険会社では、年10%の割で保険
料が上がっているそーですが、「一生上がらない」入
院保険はどうなるんでしょう。金額は上がらなくて
も、支給の範囲がどんどん狭くなったりして。
今後とも、よろしくご贔屓に。

http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:わし
自分の国でうまく行っていない制度を押し付けて、自国の会社にしこたま儲けさせようって、すごすぎ。、「医療支出を減らし、効率化を促し、さらに医療保険制度の財政上の困難を緩和しうるものである」だって、あっはっはー。GDP比2倍以上医療費使っておきながら、中産階級は医療費で破産が珍しくなく、貧困層はろくに医療を受けられないってのに、よく言いますな。
投稿者:saikyou
>yoccyanさん、いろいろ情報ありがとうございます。
こないだの訪米ではプレスリーのマネしてはしゃぐと
こばかりが注目されてましたけど、実は市場開放の結
果について、だいぶお褒めに預かったよーだというの
が、朝日にも出てましたね。日本が先に気をまわし
て、次々に親分に気に入られるよーな政策を進めるの
で、それほど強い要求をしなくても良くなったとか。
そのちょっと前に日本の患者団体が、アメリカのガン
治療について視察に行ったらしいけど、こーゆーこと
まで考えてるのか不安です。


http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:yoccyan
続きです。
改悪を評価
 また米政府は「混合診療」の導入について関心を表明しました。「混合診療」も日本の医療では原則禁止です。しかし「規制改革」の名のもとに、〇四年十二月に解禁が厚生労働相と行革担当相の間で「合意」され、先の通常国会で成立した医療改悪法で、拡大の方向が盛りこまれました。

 米政府は「混合診療」について、「医療支出を減らし、効率化を促し、さらに医療保険制度の財政上の困難を緩和しうるものである」と日本の「医療費削減」に利点があることを強調。同時に「現行制度は極めて限定的である」と全面的な解禁を要求しています。

 日本政府は「そのような米国政府の見解を共有してはいない」としながらも、「構造改革特区」の設定や、混合診療についての「大臣合意」を例にして、米国要求の実現に努力している姿勢を示しています。
--------------------
『赤旗』が出典とのこと。

混合医療の「保険の利く」のが全国一律に受けられる医療で、最先端の高額医療は都市部集中だとしたら、今より差がつくだけ。
でも「保険の利く」医療は一律だからと、法律を楯にとって正統性を述べられるおそれもあり、です。
厚生労働省と政府のやることを、しっかり見張りましょう!!!
投稿者:yoccyan
こんにちは。最凶様、かなりのバランス感覚ですね。
ソースがいまいち不確かですが、厚生労働省が各自治体を呼んで、一斉に医療改革(悪)には取り組むものの、離島や僻地など困難な場所は「自治体」の補助でなんとかしてくらさいと申し入れた由。んーー押し付け?しりぬぐい?
それから、孫引きですが、次のような話が入ってきています。
こうしてみるとガン基本法の成立には、格差医療で儲けたい組がやりやすい下地を作ったといえるんではないでしょうか?米国のガン最先端医療は「うっとり」するほど最先端ですが、移植なみにお金もかかるんで。あ、保険会社も設けたいかもー。
【混合診療と病院株式会社参入
米国の要求くっきり 】
日米投資イニシアティブ 「米国企業も医療改革の議論に積極的に関与できることを期待している」――六月二十九日の日米首脳会談に合わせて発表された「2006年日米投資イニシアティブ報告書」で、日本にたいして医療分野でいっそうの市場拡大を迫る米政府の姿があらためて明らかになりました。

今回の報告書では、M&A(企業の合併・買収)、教育、医療サービス、労働法制などが米政府の関心事項として上げられています。「医療サービス分野」で、米政府は「米国の製薬業界、医療機器業界がすでに日本市場で主導的なプレーヤーとしてプレゼンスを持っている」と医療制度問題の議論への参画を強く表明。その上で、(1)病院経営への株式会社の参入(2)公的保険のきく医療と、きかない医療を組み合わせる「混合診療」の拡大――などを求めました。

 報告書のなかで米政府は「病院、診療所経営に対する株式会社の参入拡大を可能とするよう」と強く要望。「構造改革特区」について「その範囲は非常に限定的であり、実質的に特区における株式会社の病院経営はほとんど実現していない」と不満を示して、「高度医療特区を実施するための条件を緩和すべき」だと求めています。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ