出もの腫れもの処嫌わず

書籍化100%不可能!「史上最凶の乳ガン患者」が病気と医療と社会について考えるBlog

 

PROFILE

最凶です。社会が求める乳ガン患者のイメージとは、かなりズレがあるかも。 ブロガー同盟やってます。

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Red bridge
何日のブログに書き込んだらいいのか迷ったのですが・・・。
山口さんから御紹介頂いた『がんになってもあわてない』読了しました。しっかりとした誠実な内容の良い本でした。
「ちょっと考える・・・」どころかふか〜く考えなきゃいけない私にもありがたい内容でした。とにかく真面目!安心して読めました。御紹介ありがとうございました。
投稿者:saikyou
久々の再開でコメント返しまでなかなか手がまわらなくてすんません。
>山口(産婦人科)様
 本の紹介ありがとうございます。朝日ばっかり叩いてるわけではないので、どーぞお気づかいなく(笑)
 これって「あの」諏訪中の先生が書いたほんですよね。最近は癒しのイメージばっかり発信してる院長(?)はうさん臭いですが、人は必ず死ぬモノだという自覚を患者に自覚させるような内容は期待で来ますねー。
今後ともよろしくー。

>yoccyannさん、
興味深いシステムですけど、ゴーヨクな自称ガン難民の人たちは、もっといいものないかって求めちゃうんでしょーねー。どちらかってーと本人の死生観の問題をフォローしてやれるとこは無いものか?

>Red bridgeさん
死については患者がいちばん避けたがっている分野ですけど、こーゆー本はもっと読まれるべきだと思いますね。最凶も図書館で探してみよー。
 

 
投稿者:Red bridge
山口様

本の御紹介ありがとうございました。早速図書館に予約しました。区内の図書館に1冊しか所蔵していないのに「在庫」していました(^^;
私はsaikyouさんのブラックリボンキャンペーンの渦中にいるも者かも知れません。稲月明医師の本に救われ、今読んでいる柳田邦夫氏の本はとても役に立ちますが救われると言う感じではありません(^^ゞ saikyouさんがおっしゃる緩和には人の(医師だけでなく)言葉が大きな役割を果たしていると思います。私も患者の立場で自分を省みると常に自分の今日を安らかに終えさせてくれる言葉を探しているように感じます。
御紹介頂いた本を読んでから、感想も共に書き込もうかと思ったのですが、御紹介頂けたといことが嬉しかったので書き込ませていただきました。
投稿者:yoccyann
ご無沙汰してます。ブラックリボンいいですね。
T-PECっていうシステムご存知ですか?24hの医療従事者による健康相談(ほら、夜中に救急行くかどうかとか)、専門医紹介(名医100選みたいに有名な先生に直接紹介する)、セカンドオピニオン紹介などの有料サービスです(高い。入会5万年会費1万以上)。自称難民になって身体も財布も蝕むよりはお勧めかもしれません。
 個人的に「がんになっても、あわてない」(朝日新聞社ですがご勘弁)という本を推薦しますです。
緩和ケア専門医の先生が書いた本で、癌についても死ぬことについてもなーんにも考えてない人にも「ちょっと考えてもらおう」というスタンスで書かれた本なので。私が買ったら、まだ初版でした。内容は良いのに、売れていないのかな。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ