出もの腫れもの処嫌わず

書籍化100%不可能!「史上最凶の乳ガン患者」が病気と医療と社会について考えるBlog

 

PROFILE

最凶です。社会が求める乳ガン患者のイメージとは、かなりズレがあるかも。 ブロガー同盟やってます。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saikyou
>kamawazuさん、診療ガイドラインは標準治療につ
いても示しているんでしょうか。ガンの場合、現実が
そのレベルまでも追いついていないという話も良く聞
きますが。延命の場合、メンタル面での対応がとても
重きをなすと思うので、そう簡単にはガイドライン化
できないと思うけど、それでも会えてやろうというの
はただのポーズか、さっさと線引きをしたい他の企み
があるのか。いずれにしてもこの手の話は感情が絡ん
でくるので、冷静に考える必要がありますね。

http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:kamawazu
追伸 診療ガイドラインが正しい言い方で、診察ガイドラインは間違いでした(素人の悲しさ)こちらの方面が詳しい方に 延命治療ガイドラインについて教えていただきたいです。法的位置づけなどなど、、。
投稿者:kamawazu
厚生労働省「終末期医療に関する調査等検討会」がまとめる予定の、終末期患者 延命治療のガイドラインのことですね。このガイドラインというのは、どの程度の法的強制力があるのでしょうね。

診療ガイドラインというのが病気ごとにあって、予防から診断、治療、リハビリテーションまで「特定の臨床状況のもとで、適切な判断や決断を下せるよう支援する目的で体系的に作成された文書」だそうです。診療ガイドラインを活用する際に注意すべきことは、ガイドラインはあくまでも標準的な指針で、すべての患者に画一的な診療を強制するものではないと書かれています。
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/guideline/
今回の延命治療のガイドラインも診察ガイドラインの中に入るのかな? 診察ガイドラインが整備され公開されるのは、望ましい方向です。社会保障型の西欧に対し、保険会社のアメリカの違いがあっても、情報公開→自己責任の路線は、アメリカも西欧も同じように感じます。医療に限らず身近なところで食品やら化粧品の表示がやたら詳しくなっているのは、「気をつけてね、情報公開するから後で訴訟を起こしても無駄だよ」というメッセージです。大人になっても、勉強することがいっぱいあるのが現代ですね。


投稿者:saikyou
>優奈のママさん、こちらでは初めましてー。
医療費削減の現場でしっかりと不利益に預かっている
方の報告は、とても参考になります。
緩和ケアだって、モルヒネの匙加減で患者を寝かせた
ままにして手間を省くなーんて、恐ろしい話も聞いた
事があります。このまま医療費削減が続けば、「あう
んの呼吸器?-その2」で紹介したような、ビンボー人の
死期は保険会社が決めるなんてコトも現実になりそう
です。でもこれもみんな「カイカク、カイカク」のか
け声に踊らされた国民の自業自得と言っちゃえばそれ
までなんですけどねー。
今後ともよろしくお願いします。


http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:優奈のママ
こんばんは!
優奈のママです。
いや〜そんな番組があったとはこりゃまたママちゃん不覚だし。。

なので、パールさんとこにお邪魔まんぼしてきますた。

行政は医療費削減に躍起です。

いかに国民の目をだますかにも必死ですよ〜〜!
「緩和ケア」もとんだ曲者がでてきそうな気配。。

癌ももちろん、緩和ケアも「包括診療」だから
これが凄い曲者なのだ!

いわゆる「まるめ方式」

例えば、私は今、一回2泊の入院で7万かかってます。(2週に1度)
でも検査や、他の薬があってもなくても
この金額。。そうです。
病院検査しない方が「儲かる」し、厚生省もある程度で差し出して、病院に丸投げしちゃったほうが
「お徳?」と睨んでるわけです。はい。。緩和ケアも同じです。だから緩和ケアに入院してる人に病院は高額な「抗がん剤」はしたくないのが本音。。事実私は医師本人に聞きました。「あまり高い検査は入院でしないように言われて」って。。これを聞かせた今の医師ももちろん、病院ももちろん、厚生労働省のやろ=!!
ぐらいの勢いになってるママちゃん
だから行政は最初っからドコもかしこも信じてないんでつ。。
長くなっちゃった(汗)
投稿者:saikyou
>pearlさん、もう一回やって見たら、TBうまくいった
みたいです。

http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:saikyou
 TAKUさん、こちらこそご無沙汰で申し訳ありませ
ん。
これでも心配はしてました。図らずも日本の医療と介
護の現場の、最先端を行っちゃってるようですね。先
を超された!!。でも最凶だってもうすぐだぞ!!。
 だけど、おねがいだからTAKUさんが先に逝っちゃ
わないように、ヘルパーを使うなりなんなりして、な
るべくご自愛下さい。認知症の方の介護は、地域も含
めた大勢の人の理解と協力が必要と思います。頼める
事はなるべく人に頼んじゃいましょう。ここでもカミ
ングアウトがキーワードですね。

>pearlさん、ご無沙汰しています。
yahooのブログは敷居が高いらしく、TAKUさんのと
ころはTBはできるけどコメントはダメ、Pearlさんのと
こは、この間はTBできたのに、今回はダメみたいで残
念です。わざわざご足労願って申し訳ありませんが、
今後ともよろしくー。

http://black.ap.teacup.com/saikyou/
投稿者:パール
最凶さん、こんにちわ。TBさせて頂きます。

http://blogs.yahoo.co.jp/stoem212/38114051.html
投稿者:TAKU
最凶さん、大変ご無沙汰しておりました!
「認知症の親をがんの子どもが面倒見る時代」を先取りしちゃった私は、ここのところ毎月、浜松と岩手を行ったり来たり。疲れ果ててブログの勢いもダウンしていましたが、黙っていられないことが多々あって、ただ今メラメラと復活途中です。
タイトル「あうんの呼吸器?」はさすが!
私も続編で書こうと思っていたのですが、最凶さんの「ガイドライン化については、メンタルな対応も必要なのだから、コーディネーターやカウンセラーの設置を」という意見に賛成です。
報道を表面的に見れば、普通の人は「ガイドラインは必要だ」と思うでしょう。でも、自分がその状況に置かれたとき、どれだけの人がきちんと納得のいく説明を受け、理解できるのかー。そもそも、「人工呼吸器」がどういうものか、人工呼吸器の装着が必要な人はどういう状態にある場合なのか、ということすら知らない人が多いと思うのです。
ガイドラインによって、自己責任のもと、簡単に患者が「切捨てられる」状況にだけはなってほしくないですね。最近の医療や介護の改革の方向、「心ある医療」(要するにまっとうな、ふつうの医療)がどこかに押しやられていくようで、何だか嫌だなあ…。


http://blogs.yahoo.co.jp/takutakunoma/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ