将棋雑記

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
>ストーンリバー様
>不透明人間さま
コメントありがとう御座います。
塚田先生は中篇長編も多数創作されておられるのですが、市販の本になっていないだけです。
そして、「名人位就位記念精選詰将棋百番」の中身ですが、短編ばかりで、内容的には市販本の延長上の作品集です。ただそれは、今回の作品集のように周到に用意されたものでは無いからだと思います。
 でも、当時無敵の木村名人を破った塚田新名人が「名人位就位記念精選詰将棋百番」を出したという事実が大切なことだと私は思います。
 また本来図式集というのなら、名人候補になった時に出す、若しくは宗看の無双のように名人になって数年以内に出すというのが、本来の定義だと思います。
 作品集は作品集でこれは素晴らしいので、楽しめば良いと思いますが、すくなくとも私は詰将棋マニアの立場として、煽り文句とは別に発言だけはすべきだと思い書き込んだまでです。
  
投稿者:不透明人間
大目に見てよいキャッチコピーだと思います…「スーツ全品半額」にくらべれば^^
投稿者:ストンリバー
全国大会ではお話する機会がありませんでしたね。さて、塚田詰将棋の件ですが、古今詰将棋書総目録では書名が「詰将棋百番」とされており、由緒ある作品集とは気づきませんでした。塚田さんは長編作家ではないし、それほど中編もあったとは思えません。塚田作は市販された詰棋書も多く、中には作品がかぶっている場合も見受けられます。当該作品が手数別にどうなのか、作品の質そのものがどうなのか、また別の機会にご教示願えれば幸いです。

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ