将棋雑記

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
安武さん>コメントありがとう御座います。今年もよろしくお願いいたします。解剖学は、、、大変です、、、本当に、、、頑張ります。
さわやかさん>コメントありがとう御座います。ええと、最多余詰が狙いではなくてですね、、、。詰方が21通りあるというのが平成21年の年賀詰の意味でして、最多余詰のはもっと多いはずです。
 しかし、こういう解説をするのは、駄洒落を自ら説明するみたいで、とっても空しいです、、、。
投稿者:さわやか風太郎
これからはこういうのが流行るかも。
最多余詰め。
3手詰めの変化なら問題なしでしょう。
投稿者:安武利太
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
私は年賀詰創れませんでした…。

「詰将棋解剖学」、この正月休みでやっと目を通しました。あのボリュームは非常識(笑)ですね。それを全て転記しようというのですから、頭が下がります。
頑張ってください。

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ