将棋雑記

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
ポケット詰将棋では、左右反転の図で19成まで成桂を引っ張って詰ましている。23手詰です。(変別手順)途中で成桂を取るのは早く詰むと書かれています。
ちなみに、私はパラ1967年7月号は所持していませんので、本当にこの手順が作意なのかは確認していません。T-BASEの手順のままです。ただ、t−baseも作意が発表されているものはその手順が入っているはずですが、、、。
投稿者:EOG
バビル3世ブログで見て調べていくうち、ここに行き当たりました。
3手目84玉と逃げても21手の変化同手数があるようです。そうなると50作目(詰棋界1954年8月号)と関連がありそうですね。
ポケット詰将棋(近代将棋編)には山田修司作に言及しているそうで、「夢の華」23番でしょうが、これが一番古そうです。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ