廃墟purelove日記

 
廃墟、鉄道大好きな管理人。膨大な廃墟、鉄道データベースを基に最近は自らもレイヤー「稲盛真琴」となりポートレートも撮影を始めた。

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
>シゲキ様
キハ58系はいい車輛でしたよね〜
現在九州では稼働状態の車両は皆無で
唯一熊本車両所のあそ1962のみ、見れるだけというのは
淋しい限りです。
投稿者:シゲキ
急行フェニックスがデビューして間もない1963年の8月に母と別府から博多まで乗車しました。1等車のキロ28には当時の急行としては珍しくエアコンが完備されていて驚きました。今の振り子式車両の特急ソニックはスピードこそ速いですが横揺れが激しく余り乗りたくない車両です、その点キハ58系はスピードは遅かったですが旅情を楽しめる車両で私は大好きでした。鉄道ファンの一人として一度始発の宮崎から終着駅、西鹿児島まで乗車したかったですが夢は叶いませんでした残念!
投稿者:管理人
こんばんは〜

宮崎の青島が新婚旅行のブームのころですね〜

たぶん私の母は制服から推測すると売り子だと思います。

最近のバスに限らず、鉄道もワンマンが増えて味気ないですね〜
投稿者:mi88
こんばんは。フェニックス号は宮崎への新婚旅行ブームの頃に運行されていたみたいですね。
この沿線にはその後、「おおよど号」が走っていたのも知りました。
むっちーさんのお母様は列車の案内係か売り子さんをされていたのですか?
ちなみに私の母は若い頃、路線バスの車掌の仕事をしていました。
近代はワンマンバスが当たり前ですけどね…。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ