2011/12/23  18:00

寒い日に塗装をしてみたら…  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

今日は天気予報では雪でしたが、さすが天皇誕生日、晴れました(^-^)/

そして、気温も低く、善光寺平の最低気温はマイナス1.9℃、最高気温2.6℃。
しかし、冷たい風が吹いていたので、体感気温はかなり寒かったです…。

なのに、ふと思い立って、夕方に部品の塗装をしちゃいました(あほ〜!^^;)

車体の塗装なら、秋の晴れた風のない日に施工するのですが、小部品なので多少のカブリとかは大丈夫と思ってやっちゃいました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

外気温1℃…、寒く冷たい風が吹いているにも関わらず、100円ショップの缶スプレーで「ぷしゅ〜」(^-^;

ちなみに、缶スプレーは使用前にコタツでほんのりと暖めておきました(^^;

乾いてからトップコートのつや消しを「ぷしゅ〜」

少々ザラツキが出た感じですが、ベンチレーターなのでヨシとしちゃいます(^^;

それにしても、寒い冬に塗装をすると乾きも悪いし、カブリやすいし…

わかっていて、やってしまうアホな筆者でした(;^_^A

このベンチレーターはKATOのクハ165やクハ165に使います(^-^)/



2011/12/24  18:49

投稿者:隠密

>健ちゃんさん。
そうなんです、イケナイと知りつつ、勝手に「思い立ったが吉日」にしちゃうんですよね〜(^^;
ま、シビアな部品ではないのでイイんですけど(^^;

2011/12/24  3:18

投稿者:健ちゃん

こんばんは〜
モデラーの悪いところですね(笑)
どんな悪天候でもこらえきれず作業してしまう。
私も雨の日ににもかかわらず塗装作業をしてしまい
雨粒がボディーに・・・(爆)
真夏の炎天下にスプレーして乾燥が早く
塗装がボロボロ状態なんて事もありました(爆)

http://sky.geocities.jp/kentyansan55/index.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ