2011/4/29  21:34

トキとタキにKATOカプラーNを  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

前回の記事で復習したKATOの旧設計のボギー貨車のカプラー交換。

今回はトキ25000とタキ43000を施工しま〜す(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

まずはカプラーを用意します。
って、これがなければ話しが進みません(;^_^A


クリックすると元のサイズで表示します

初めてこのカプラーを組んだときは最初にバラしていたため、作業がタイヘンでした(^^;
説明書をよく見ると「ランナーのまま…」となっています。
確かに、ランナーに付いたまま組んだ方が全然楽です(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

シャーレで培養…できません!!(^^;\(--;)

クリックすると元のサイズで表示します

まずはトキ25000の台車をはずしてアーノルドカプラーを撤去します。
台車はネジ止めでした。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてタキ43000も台車をはずしてアーノルドカプラーを撤去です。
台車はハメ込み式でした。

クリックすると元のサイズで表示します

前回の記事のとおり、旧設計のボギー貨車にKATOカプラーNを付けると首が下がってしまいます。
これの対策としてカプラーポケット下部(カプラー受け部)に少量のゴム系接着剤を塗布してからカプラーを組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

並べて接着剤乾燥中〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

接着剤がほぼ乾いたら台車をもどします。
カプラーの首が下がらず水平を保っています(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

タキも台車をもどします。
こちらもカプラーは水平を保っています(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

タキ1000と連結してみます。
もちろんカプラー高さはピッタンコです♪

さて、ケースに収納して…
運転はいつになるやら…(;^_^A

めでたし、めでたし♪



2011/5/1  16:11

投稿者:隠密

>夏風さん。
カプラー組立も細かい作業なのでタイヘンですよね。
若い方ならまたしも、老眼者には…(;^_^A

>Feさん。
今回は6両でしたが、タキ1000のカプラー交換は15両いっぺんに施工しましたから…(;^_^A
カプラー高さ、見た目にも揃っていたほうがイイですよね〜(^^)
もちろん勝手開放防止のためにも…(^-^)/

2011/5/1  0:54

投稿者:Fe

こんばんは。
さすが隠密さん、本領発揮ですね。カプラー交換しようと思っても、ここまでの数をなかなかこなせませません。恐れ入ります。

接着剤を使って高さを調整するのですか、勉強になります。時々、高さが合わないのが出てしまいますが、お構いなくそのままの状態で走らせています。確かに高さを合わせた方が安定して走らせられるので、今度小生も隠密さんの秘技を真似てみようと思います。

2011/4/30  9:41

投稿者:夏風

うーん、数がすごいですね。
組み合わせランナーのままがお手軽です。
それにしても大変ですね。

http://shinanokougentetudou.blog.ocn.ne.jp/blog/http://

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ