2020/1/10  1:00

KATO E353系のライトを手軽に明るくする  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

2019年3月下旬にKATOから新発売になったE353系。

数年前までE257系とE351系の天下だった特急「あずさ」は今やすべてE353系になっています。



独特の縦に並ぶLEDヘッドライト。
このデザインは賛否があるようですが…(;^_^A

数年前まで青白くギラッと光るライトといえばHIDだったのですが、あっというまにLEDライトが普及しました。

さて、NゲージのE353系は導光材などが複雑化し、光量のロスが多く暗いの欠点です。




スタンダードSXの目盛りを半分まで上げてもこの暗さ。



最大電圧をかけてもこの暗さ…

分解して調べたところ、E353系は車体側のライトカバーが悪さをしていて暗くなってしまうのです。

これを解決するにはライトカバーや導光材を加工する必要がありますが、簡単ではありません。

かなりの技量と「ずく」が必要になり、元気を失っている近年の筆者にはできません(;^_^A

車両側の加工をせずライトを明るくするには、光源(LED)の照度アップ!なのですが、抵抗値を下げてもほとんど明るさは変わりません。

そんな中、2019年11月〜12月にサードパーティー3社から相次いでE353系適合の高輝度ライトユニットが発売されました。



まずは「D.light」

ホームページにアクセスすると日本語で表示されますが、香港の会社で製造も香港。
注文すると船便で送られてきますので到着まで一週間ほどかかります。

ライトユニット2個入りで1400円(レートで変わると思われます)
クレジットカードで決済できます。
3社のなかでイチバン安価です。



つづいて「鐵」工房

東京23区内のメーカーで、国産パーツ・国産基板・国内生産を謳っています。

1個800円

商品代金のほか送料と振り込み手数料がかかります。



そして「クリエイト工房」

滋賀県内のメーカーで、すべて国産であることを謳っています。

1個800円(送料別)
ヤフーショッピングで購入できます。

いずれのメーカーのライトユニットもPWM制御のパワーパックを使用した時に効果が出ます。
ただしKATOハイパーDでは運転できません。

電圧制御のスタンダードSなどでは効果が出ません。
またKATOサウンドボックスを使用する場合は別売のノイズキャンセラーを接続する必要があります。



ライトユニットを交換するだけですが、分解が必要です。

座席パーツは一部のツメがタイトですので、充分注意して分解しないとツメを破損してしまいます。



ライトユニットを載せ替えるだけですので、車両側の加工は一切ありません。
とてもお手軽♪
使う工具はピンセットだけ♪

ライトユニットを交換したら、元どおりに組み立てます。



点灯テストです。
純正より明るくなったのがわかります。

同じ手順で各メーカーのライトユニットを取り付けてみました。



E353系は見る角度でライトの明るさが変わりますので、このようにナナメから撮ると正しく判断できません(;^_^A



正面から撮って比べてみます。

こうして見ると純正と極端な差がないように見えますが、肉感では充分に差がわかります。

あと、部屋の照明によっても見え方が変わります。



ナナメ上から撮ると明るさの違いがよくわかります。

サードパーティー3社とも純正よりも明るくなることは間違いありません。



部屋の照明を少し暗くしてみました。
こうすると効果が良くわかります♪

D.light製品と鐵工房製品はLEDヘッドライトの色調を強調した8000KのLEDを使っているようです。

クリエイト工房製品は太陽光に近い5700K〜6000KのLEDを使用しているようです。

人間の目には青色すぎると暗く見えてしまうので、明るく感じるのはクリエイト工房製品でしょうか…。

D.light製品は点灯させると「ジ〜」というわずかなノイズ音が発生します。
また、ライトON.OFFスイッチに対応していませんので、3号車と4号車には使えません。

価格面で考えるとD.light製品、安心をプラスするなら国内2メーカーのものが良さそうです。

以上、ご参考に…(^^)



2020/2/17  7:24

投稿者:海山鉄

お早う御座います

大変御無沙汰しております 海山鉄です。

ここ数年足を洗っておりました鉄道模型
最近、久しぶりに1セット導入しました
名鉄ですが(笑)

先代スーパーあずさは頑なに・・・
でも、現行スーパーあずさは導入されたんですね〜
ライトは結構暗そうですね・・・

また、歩き等も相変わらず歩き大会に参加して
火の見櫓撮ったりしてますので
宜しかったらうちにもお立ち寄り戴ければ、はい。

https://ameblo.jp/umiyamatetu/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ