2019/12/1  1:00

8500系T2編成を走行可能にする  鉄道模型(ユーザーパーツ・カスタマイズ)

先日購入したTOMYTEC鉄コレ長野電鉄8500系T2編成、今回は走行化カスタマイズです。



鉄コレは近年値上がりの傾向があり、かつ走行化パーツが高価なのが難点です。
しかも集電機能が無くライト類の点灯もないという…(-_-#)
でも、鉄コレしか製品化が望めない場合は仕方ないですね。

今回、高価なTT-03Rは採用せず他のパーツを使用することにしました。




まずは3号車からです。
分解しますが、組み込みが意外とタイトで分解しずらいです。
以前の鉄コレは簡単に車体とシャーシが分離できたのですが…。

分解してみてわかりましたが、ヘッドライトレンズがクリアーパーツになっています。
やろうと思えば点灯化可能かも知れません。
筆者はやりませんが…(;^_^A



説明書に従い、屋根裏から1.0mmの孔をあけます。



アンテナを取り付けます。
脱落防止のため、ゴム系接着剤を併用しました。



ウエイトは釣用の板オモリを使うことにしました。
なるべく厚みのあるものということでコレにしました。

釣り具店やヨドバシcomで購入できます。



板オモリを純正のウエイトと同じ形にカット加工します。
ハサミでチョキチョキ切れてお手軽です(^^)
2枚重ねにして重量をかせぎます。

なお、これは「鉛(なまり)」ですのでカットくずなどは適切に処理しましょう。



床板にセットします。



前面側に密自連TNカプラー(品番0374)を取り付けます。
連結するワケではありませんが、ダミーカプラーよりTNカプラーのほうが見た目が良いので採用です。



中間連結面側は密着形TNカプラー(品番0336)を採用です。
TNカプラーの採用により連結面間隔をリアルにすることができます♪



車輪はKATOの中空軸黒色車輪を採用です。

TOMYTEC純正TT-03Rは銀車輪なので採用しないことにしています。

幸いにもKATOの車輪がピッタリ合うので助かります(^^)



台車のカプラーアームがTNカプラーに干渉しますのでカットします。



再び組み立てますが、組み合わせがタイトなため、なかなかピッタリと組めません。
気をつけないと車体がふくらんでしまいますので、充分注意が必要です。

すんなりと組めず、ちょっと苦労しました(;^_^A



同様に2号車サハも施工します。
こちらの連結器は両側とも密連形TNカプラーを採用です。



これまた再組み立てにちよっと苦労しちゃいました(;^_^A

つづいて1号車です。
これを動力車にすることにしました。

バランス的には2号車のサハを動力車にするのが良いのですが、床下機器で動力ユニットを隠すにはサハは不適と考えたのです。

これは過去に導入したT3編成・2000系も同様です。



TM-08R動力ユニット。
高価ですがジャストフィットするのはコレしかないので仕方ありません(;^_^A



車輪側面をタミヤX-18セミグロスブラックで色差しします。



1号車を分解です。



動力ユニットに取り付ける床板スペーサーはMを選択しました。
しかし、これがあとで失敗とわかります(;^_^A



台車レリーフを取り付けます。



床下機器を移植し、TNカプラーを取り付けます。



とりあえず車体を載せます。



カプラーが引っ込みすぎました。
これではカーブで車体同士が干渉してしまいます(@_@;)



そこでスペーサーをLと交換しました。
前面部はMのままです。



連結してみました。
連結面間隔がリアルになりました。



2号車(サハ)にホロ(幅広)を接着取り付けします。



良いですね〜♪

TNカプラー採用により連結面間隔がかなり狭くなりましたのでホロの取り付けはサハのみでデハには取り付けません…というか、取り付けられません(;^_^A

これでR280を通過できるのですかTNカプラーはスゴイです。



実際の営業運行ではあり得ませんがデハデハ連結も可能です(;^_^A



1号車にもアンテナを取り付けます。



パンタグラフはPT-4212-Sを採用です。
メーカー指定はPG-16ですが、PT-4212-Sのほうが長野電鉄で採用しているものに似ているのです。



これで1号車の動力化ができました。



これでT2編成が本線デビューできます♪



同様の方法で2010年に導入したT3編成も再カスタマイズし、TNカプラー化しました。

しかし、当時の動力ユニットTM-08はTNカプラー非対応だということが判明し、慌ててTM-08Rを購入し、交換したという…(;^_^A

余計な費用がかかってしまい、台車マウントカプラーのままでもよかったかも知れませんが、2020年1月発売予定のT4編成とともに仕様を統一したかったのです(;^_^A

では記念撮影です。



冬に突入し沿線の山々が白くなり始めました。



1号車のラッピング。



2号車と3号車。



実物はしょっちゅう目撃しているのですが、撮る機会がなかなかありません(;^_^A



そういえば、先に発売された3500系・3600系のカスタマイズをまだやっていません(;^_^A

8500系T4編成のほうを先にカスタマイズしちゃいました(;^_^A

というワケで、長野電鉄8500系T2編成 朝陽さくらラッピング、配備できました〜。

めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ