2019/10/28  1:00

いつもの千曲川橋梁が被災地に…  しなの鉄道

2019年10月12日から13日にかけて長野県に接近した超大型台風19号は、各地に甚大な被害をもたらしました。

長野県では千曲川が増水し、堤防決壊や越水氾らん、内水氾らんなどが広範囲で発生しました。

とくに長野市穂保(長沼地区)における千曲川堤防決壊は全国放送のニュースで連日放送され、その地名は全国に知られるところとなりました。

すぐ近くの北陸新幹線の車両基地の水没も衝撃的でした。

この周辺は戦国の昔から水害が多かった地域で、この地にあった戦国時代の「長沼城」は何回も水害に遭っているそうです。

さて、筆者がたびたび撮影に出掛けている千曲川橋梁付近も越水氾らんを起こした場所です。

災害の関係でタキタキが運休になっていますが、現場がどうなっているか気になり、行って来ました。



まずは篠ノ井駅に立ち寄ります。
タキタキが運休というのはわかっていましたが、一応確認のために…(;^_^A




タキタキが留置されていますが、時間になっても機関車が連結されません。
つまり「運休」



出札口横には運休のお知らせ、10月25日から運行が再開された北陸新幹線の暫定時刻表が掲示されていました。



そして悲しい光景…
大好きだった駅そばが9月30日をもって閉店していたのです(@_@;)(@_@;)(@_@;)



暑い時期は食べに行くことがなかったため閉店を知りませんでした…(T.T)
最後に「かき揚げそば」を食べたかったです…(T.T)


後悔後に経たず…(T.T)

では移動です。



いつもの千曲川橋梁。
台風後の雨の影響もあり、水量は多めです。

そして、この場所が越水氾らんの現場なのです。



堤防道路の上は手つかず状態で泥土が堆積したままです。
写真奥が上流です。

いつもは高い堤防だと思っていましたが、それを超える増水があったということになります。

すぐ横の住宅団地は冠水したそうで、あっちこっちがドロドロでした。



180度反転。
今度は写真奥が下流です。



少し上流寄り、北陸新幹線の千曲川橋梁の近くでは堤防が削り取られてしまい、応急措置がとられていました。



しなの鉄道線の橋脚には大量の流木がひっかかっています。
ここは重機が入れないため、撤去には相当な時間がかかると思われます。



タキタキは運休ですが、しなの鉄道は運行を再開しています。

ただし、跨線橋(道路)が崩落した上田〜田中は今も運休が続いています。

まずは崩落した跨線橋(道路)を直さないと鉄道が再開できないというやっかいな状態になっています。

今回の台風で筆者もちょっとだけ被災しましたが、千曲川沿線の被災者から比べたら被害が無かったのも同然…。

多くの取引先がモロに被災地内にあり、何かと対応で大変な日々でした。

最後に、今回の台風19号で被災されたかたがたにお見舞い申し上げるとともに、復旧に尽力されているすべてのかたがたに感謝を申し上げます。



2019/11/18  18:15

投稿者:隠密

>フナさん。
レスが遅くなり申し訳ありません。
師匠のほうでも浸水があったんですね(@_@;)
ご無事でなによりです。
それにしても今回の被害は甚大です。
季節がら師匠もおだいじに…。

>あんぱん先生さん。
篠ノ井付近の越水阻害も激しかったようですね。
篠ノ井橋周辺の堤防道路は今も泥が堆積したままのところがありますね。
篠ノ井駅の「あんず」の閉店、予期していなかっただけに残念ですよね…。

2019/11/6  21:56

投稿者:あんぱん先生

こんばんわ。今回の水害は私の実家の隣村では越水被害があったようで大変でした。篠ノ井地区の越水被害の出たところは、小学生の頃からの遊び場でした。篠ノ井橋付近はよく釣りをしたり、河原で焚火をしたりしたものでした。また篠ノ井の鉄橋にかかる部分の真下では写真を撮りに行ったりしたときに、思わぬ列車からの霧状のものの被害にあったりもしたものです。同級生の何人かも浸水被害にあったようです。一日も早い復興を願わずにはおられないのですが、篠ノ井駅の駅そば閉店には、不謹慎ですが、今回の越水被害以上の衝撃に襲われたのでした。篠ノ井は安泰だと思っていただけに、残念でなりません。かき揚げそば、好きだったのになあ。長野駅のナカジマ会館まで遠征するのは、ずくがない。とはいえ、背に腹は代えられず、いそいそと長野駅へと向かうあんぱん先生でありました。

2019/10/30  22:39

投稿者:フナ

 お久しぶりです。今回の水害、心よりお見舞い申し上げます。
 当地も避難指示が発令され近所では浸水もありましたが、当方は無事でした。
 こうして「地元」目線で見るとニュースでは報道されない、深刻な事態が伝わってきます。
 一日も早く平穏な日々が戻りますことを、お祈り申し上げます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ