2019/5/4  1:00

E655系をお召し仕様で配備する  鉄道模型(ユーザーパーツ・カスタマイズ)

2019年4月下旬、KATOからE655系と特別車両が再生産されました。

というワケで、今回は過去記事アーカイブスです。

まずは、特別車両E655-1から始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

特別、と言うことで、この車両だけは室内グレードアップシールを用意しました。


クリックすると元のサイズで表示します

エヌ小屋のグレードアップシールを購入したのは初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは車体とシャーシを分離します。

クリックすると元のサイズで表示します

説明書に従い、シールを貼っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスに貼るシールもあるんですね〜。
なかなか芸が細かいです。
でも、意外と作業に時間がかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

貫通扉シールを貼ります。
妻面とホロが一体になっているんですね〜。
構成部品を設計した人はスゴイと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

LED室内灯(電球色)を取り付けます。
実は、室内灯を採用したのは、この車両が初めてです(;^_^A

今までは、予算や手間、そしてチラツキがストレスになると思い、室内灯は取り付けない方針でしたが、E655-1は「特別」ですので取り付けてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組んで、特別車両は完了です。

クリックすると元のサイズで表示します

点灯してみました。
いや〜、イイですね〜(^○^)

クリックすると元のサイズで表示します

つづいてクロをカスタマイズします。
特別車両に付属していた「お召し用パーツ」を使います。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは上下分離です。

クリックすると元のサイズで表示します

特別車両に付属している説明書に従い、手すり用の孔をあけますが、これは難易度が高いです。

治具はありませんし、車体裏側にガイド孔があるわけでもありません。

車体外側にわずかに凹んでいる部分に0.5mmのドリルを立てるわけですが、老眼者にはとっても不安があります。

筆者は細かい作業の時は+5.0度の老眼鏡を使用していますが、目が疲れてくると乱視が激しくなり(疲労性乱視症)、ドリルの刃先がよく見えません(×_×;)

しかも、曲面に極細ドリルを立てるのはとっても危険です…。

クリックすると元のサイズで表示します

あっ!!ドリルを滑らせてしまい、車体にキズを付けてしまいました(;>_<;
痛恨のミスです(T.T)

クリックすると元のサイズで表示します

なんとか手すりを取り付けられましたが、もう1箇所、ドリルを滑らせてしまい、キズを付けてしまいました(T.T)

お召し列車の先頭である1号車だと言うのに、なんたる失態(T.T)

超ドアップで撮るとわかってしまいますが、肉眼ではわかりにくいキズです。

クリックすると元のサイズで表示します

正面パーツの交換、日章旗の取り付け、スカートの交換を行います。

クリックすると元のサイズで表示します

室内灯を取り付けます。
E655系はすべてに取り付けることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

メーカーのホームページにE655系の先頭車に室内灯取り付ける場合の注意というのが載っていました。

ユニットと導光板の間を少しあけるのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組んで完了です。

クリックすると元のサイズで表示します

同様にしてクモロも施工します。
今度は失敗なく手すり用の孔あけができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クモロは日章旗ナシです。

クリックすると元のサイズで表示します

モロについては室内灯取り付けのみです。

今回、初めて室内灯の取り付けを経験しましたが、近年の製品なら、簡単に取り付けられるようで、なんか、ハマリそうで危険です(;^_^A

では、記念撮影です(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

運転所で出番を待つE655系お召し列車。

クリックすると元のサイズで表示します

職員が最終チェックを行っています。

クリックすると元のサイズで表示します

平成の走る宮殿「E655系お召し列車」が通過です。
沿線はカメラの砲列です。

クリックすると元のサイズで表示します

こうしてわが卓上レイアウトにも平成のお召し列車が走りました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影のあとは、特別車両もE655系セットのケースに収納です(^-^)/
車両はすべて、「規格ポリ袋5号」に入れてからケースに収納しています。

こうすると車両の出し入れがスムーズになり、また、小部品が脱落しても袋内にとどまり、行方不明になる危険性を軽減できます(^-^)/

これにてE655系お召し編成、配備できました〜(^○^)
めでたし、めでたし



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ