2018/11/10  1:00

KATO 165系「佐渡」セット  鉄道模型(購入報告)

2018年11月上旬、KATOから165系「佐渡」セットが新発売になりました。



上越線モノは筆者のNワールドにとても合致するアイテムですので、迷うことなく導入です(^^)




基本・増結、両セット購入です。
両方で14両(@_@;)
いろいろな編成が組めるようになっています。



今製品でイチバンの注目は、売店車サハ164ではないでしょうか。

売店車というと「アルプス」に連結されていた時代のほうが有名だと思うのですが、「アルプス」セット新発売時には製品化がなく「佐渡」で製品化したところにメーカーの戦略が見え隠れしているような気がします。



このサハ164をアルプスに組み込むべく、Assy一式を注文しているかたも多いかも知れません。



次ぎに注目なのはモハ164-500番台ではないでしょうか。

回送運転台付きという珍しいモハ164。

昔々、東海道の急行「ごてんば」(南タチ165系3両編成)にも組み込まれていたことがありましたが、それも再現できるとうワケです。
ただし、製品の所属標記は新ニイですけど…(;^_^A



そして、これまた今回新登場のサハ165。
「佐渡」以外にも急行「とがくし」(165系7両編成)の4号車にも組み込まれていましたし、晩年は169系の中に組み込まれたり、サロ110に改造されたものもありました。



サハ165の車体はモハ165とほぼ同じですが、全車新製冷房で落成していますので、デッキ上の通風機がありません。
製品はそこをキチンと表現しています。

床下機器もキチンと再現されています。



付属のシール、細かいです(@_@;)
これは貼りたくありません(;^_^A

「佐渡」セットとして発売されたのですから、サボ類は印刷済みのほうがありがたい気がしますが…。

というワケで、とりあえず開封してみました。

試運転やユーザーパーツ取り付けなどは後日ということで(^-^)/
タグ: 買い物 Nゲージ



2018/11/11  3:47

投稿者:あんぱん先生

こんばんわ。佐渡は私も買いました。assyも動員して、急行「とがくし」用に。サハ編成とサロ編成を組成しました。サハシ165、サハ164、サロ165×1については3両つなげて留置線に取り敢えず留置中です。アルプスは篠ノ井に顔を出していたわけではないから、作らずにいましたが、無駄に留置しても仕方ないから、サハシ編成、サハ編成のアルプスを作るかなとも考えています。急行「きそ」はスユニ50,60,61を使用した編成をしっかり作ってあるし、東線の普通列車用も何両かあるから、今回はパス。オハ35、オハフ33もかなり大量に配置されてるからパス。結局、115系長野色もいらないから、169系、キハ181系、急行いいでのassyに集中することになりましたが、はたして無事すむか否かは・・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ