2018/6/22  23:00

KATO近郊形跨線橋  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事アーカイブスです。

元々、プレート線路の対向式ホーム用に発売されていた「近郊形跨線橋」
すでにプレート線路が生産終了となり、過去のモノになっていますが、跨線橋は残っているお店があるようで、比較的簡単に入手できます。

プレート線路向けと言っても、標準ホームに使えるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

このままでは色が明るすぎるので、塗装することにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

裏側にネジがありました。
これをはずして…

クリックすると元のサイズで表示します

分解です。
屋根と階段部分はハメコミでした。

そして、よく見ると、成形色ではなく、塗装されているようです。

んで、どんな塗装にするか…
姨捨駅を参考にすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨駅舎は2011年7月にリニューアルされ、開業当時の雰囲気が再現されました。
その時に、跨線橋もアイボリーからブラウンへ塗り替えられました。

クリックすると元のサイズで表示します

脚は鋼柱ですし、古そうで、そうでもないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

内部も茶色です。

では塗装を始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは屋根、脚を100均のカラースプレー「チョコレート」で塗装です。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたらクレオスのトップコートつや消しを吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します

つづいて階段部分をグレーで塗装です。
マスキングはしません。

いつもなら100均のカラスプレーを使うのですが、最近、「グレー」を置いているお店がなく、仕方ないのでホームセンターで購入したアトムペイントのスプレーを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたら、階段部分をマスキングします。

クリックすると元のサイズで表示します

100均のカラスプレー「ブラウン」で塗装します。

クリックすると元のサイズで表示します

橋部分もブラウンで塗装です。

ひさしぶりに塗装をしたら、ちょっとボテぎみになっちゃいました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたらマスキングテープをはがします。

クリックすると元のサイズで表示します

これで階段と側壁の塗り分けができました〜。

クリックすると元のサイズで表示します

100均のカラスプレーは「つや有り」なので、トップコート「つや消し」を吹いてツヤを消します。

クリックすると元のサイズで表示します

トップコートが乾いたら組み立てて出来あがりです。

では、記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

TOMIXの木造駅舎を塗り替えた「山里駅」

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎と似たイメージになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

姨捨駅をイメージしてみました。

というワケで、KATO近郊形跨線橋のイメージチェンジ、できました〜♪
めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ