2017/8/15  21:00

ひとり運転会 北陸新幹線編  鉄道模型(フロアーレイアウト)

※今回は過去記事アーカイブスです。


2017年3月31日をもって運行を終了した北陸新幹線(長野新幹線)のE2系。

1997年10月に走り初めて、約20年。
すっかり地元の電車になっていたE2系。



2004年10月に発生した中越沖地震で不通となった上越新幹線の代替ルートとして、長野新幹線と信越本線をリレーしたことがありました。

長野駅で485系にバトンを渡すE2系が頼もしく見えたものです。

さて、実物のE2系は引退しましたが、模型ではいつまでも現役です。

というワケで、E2系を偲んで、ひとり運転会を行いました(;^_^A



もちろん、フロアーレイアウト(^-^)/
プランは変形小判形、6畳の部屋の一辺をいっぱいに使いました。

一番長い直線コースには、「第3千曲川橋梁タイプ」を設置(^-^)

4番片渡り線も設置し、上下の入れ替えを可能にしました。

駅はスペースが足りず、設置できません(;^_^A

では、運転開始です(^-^)/




長野新幹線の「顔」として君臨してきたE2系。
ヘッドライトは高輝度電球色LEDに交換してありますので、明るく光ります。



テールライト用LEDはまだ交換していないため、暗いですが…(;^_^A



第3千曲川橋梁を疾走するE2系!



W7系も登板させました。

実は、W7系をフル編成で走らせたのは今回が初めてです(;^_^A



E2系はコンパクトな8両編成、W7系は12両編成、長い!
東海道新幹線に比べれば短いですが…(;^_^A



高架複線の曲線はR414/381ですが、新幹線には急カーブです(;^_^A
今回のプランにはS字を入れましたが、新幹線には不適切だったようです(;^_^A

新幹線用にもっともっと半径が大きな複線カント曲線が製品化されないかな〜、と思ってしまいます。



W7系も第3千曲川橋梁を駆け抜けます!



スピード感のE2系。



美しさのE7系・W7系。



E2系「あさま」とW7系「はくたか」の離合。

1時間ほど運転を楽しみ、撤収です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ