´Д` …" /> KATOキハ52とTOMIXキハ52の連結 | 隠密無芸帳2

2010/8/30  4:17

KATOキハ52とTOMIXキハ52の連結  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

カプラー病、今度はKATOキハ52(モーター無し)です。
これで現時点で配備しているアーノルド仕様の全気動車のカプラー換装が終わります。

しかし、このキハ52には難関が待っています…´Д`´Д`

まずはキハ58系同様にキハ35用ナックル(ボディーマウント)を試してみました。

クリックすると元のサイズで表示します


ところが、この場合、ライトスイッチが隠れてしまいます。
残念ながら断念します…。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな時は、形状がリアルな「かもめナックル」に登場してもらいましょー♪
もちろん無加工でジャストフィット♪

クリックすると元のサイズで表示します

これで前面部が引き締まりました♪
カプラー高さはもちろん合格です。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、このKATOキハ52はTOMIXキハ52HGと連結したいと思っていました。
これが難問です。

実はTOMIXキハ52HGは大糸線のリバイバル塗装車キハ52-156と勘違いして購入してしまったもので、場合によってはオークションに出そうかと思っていました。

しかし、調べてみると国鉄時代の飯山線・小海線にキハ52 100番台が居たことがわかりました。

ならば「アーカイブス編成」として配備しておこうと考えました^▽^

そうなると国鉄色のKATOキハ52と連結してみたくなります^▽^

ところがTOMIXキハ52はボディーマウントTNカプラーです。
これはKATOナックルに換装できません。
できなくはナイでしょうけど、やりたくありません(^^;

となると、KATOキハ52の片方のエンドをTNカプラーSにすればOKです。

しかし、必用なカプラーは1個です。
でも製品は24個入りです…汗汗

ならばNo.1!KATOカプラーNを改造してTNカプラーと連結できる「変態カプラー^^;」にしてみるコトにしました(^^;。

クリックすると元のサイズで表示します

TNカプラー密自連とKATOカプラーNはなぜ連結できないか…

メーカーが違うからパー

ハイ、正解です。ではさようなら…ムカッパンチパンチパンチパンチムカッ

よく観察してみるとTN独特の「ナックルツメ」がジャマをしているようです。

そこで、KATOカプラーNの右ナックル側面に1.0mmの孔を開け、ここにTNカプラーのツメがハマるようにしてみました。

さらにハマりやすくするため、孔の横にデザインナイフで溝を掘りました。

これで連結可能になるハズです。

クリックすると元のサイズで表示します

変態カプラーを取り付け、台車を元に戻します。
ナックル横の孔が痛々しく見えますが、実際は極々小さいのでわかりません(^^;
まして老眼ではなおさら…ウッシッシウッシッシ

クリックすると元のサイズで表示します

はい、バッチリ連結できました^▽^

ただし、KATOカプラー同士のように自動連結はできません。
他のTNカプラー車同様、車両同士を「カチッ」と音がするまで押します。
解放するときも車両同士を引っ張って「引き離す」感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

斜め上から見てもなかなかイイ感じです。
でも、真上から見るとKATOカプラーのナックルが開きっぱなしになっているのがわかってしまいますが…(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

これでわざわざTNカプラーSを購入しなくて済みました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

続いてR216通過テストです。
はい(^-^)合格♪

クリックすると元のサイズで表示します

これまたスゴイ様相ですが、連結器はしっかりと噛み合っています(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん他のKATOカプラー車とも連結できます。
昔の房総のような「雑多気動車編成」が再現できます(^^;
もしTNカプラーに換装していたら、これができなくなるところでした。

クリックすると元のサイズで表示します

悪のり編成ウッシッシウッシッシ
これは却下です!!

と言うワケで、キハ52はTNカプラーとも連結できる便利な1台になりました♪

めでたし、めでたし♪



2017/2/18  21:17

投稿者:隠密

>鉄道模型大好きおじさん
こんばんゎ。
鉄道模型のカプラー問題はNだけではなく、他のゲージでもそうですね。
いつの時代も各メーカーは「自社ファースト」ですから…。

2017/2/18  20:43

投稿者:鉄道模型大好きおじさん

最近のカプラーはリアルだけど、メーカー毎に規格がバラバラで互換性が無いのが残念。
各社がオリジナルのカプラーを採用するのは大いに結構だけど、互換性を考えて欲しいですね。
特に様々な形式を混成することが多い気動車や旧客などは自由自在に連結が出来ないと困ります。

2010/8/29  18:37

投稿者:隠密

>ボーンさん。
いらっしゃませ。
ずくなし工法ですが、参考になったでしょうか(^^)
1.0mmのピンバイスがあればすぐにでも施工できますので、どうぞお試しください(^^)

2010/8/29  16:04

投稿者:ボーン

はじめまして!ボーンという者です。

TN車とKATO車の連結方に悩んでいましたので・・・・

とても助かりました。
ありがとうございます。

http://kokutetusiraisisen.blog.so-net.ne.jp/

2010/8/28  20:04

投稿者:隠密

>齋藤電鉄ryuさん。
とはいえ、TNカプラーも信者が多数いるようですので…(^^;
TNもカトカプも一長一短で悩ましいですね。


>夏風さん。
検索してみると、同様の後方でTNとカトカプを連結可能にしている記事があります。
隠密の場合、孔の横に溝を掘るのがポイントです(^-^)/

2010/8/28  19:42

投稿者:夏風

なるほど、こういう方法があるのですね。
またひとつ勉強になりました。

http://shinanokougentetudou.blog.ocn.ne.jp/blog/http://

2010/8/28  16:54

投稿者:齋藤電鉄ryu

トミーさん、大人の決断して カトカプの軍門に下って欲しいですね。
「光栄ある敗北」 として きっと 後世にまで語り継がれることでしょう。

http://ameblo.jp/ryushi-s/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ