2017/1/12  1:00

N-Train 2017年1月号  鉄道ピクピク

お正月早々に配備したKATO 165系「アルプス」
その配備記念撮影とともに、歴代の「アルプス」も撮影してみました。

そして、またまた「N-Train」として発刊です(;^_^A



前回の「あずさ」の時と違い、バリエーションは少ないですが、どうぞご覧ください。





急行「アルプス」は、昭和35年、キハ55系で登場。
運行開始当日、松本駅前では祝賀パレードが行われたそうです。

客車列車が一般的だった中央東線に登場したキハ55系は、そのスピードと豪華な接客設備にたちまち大人気となったそうです。

わがNワールドにはキハ55の配備はありませんので、写真ナシです(;^_^A



昭和36年、「アルプス」はキハ58系に置き換えられました。



そして富士急線・飯田線・大糸線・小海線などに直通する列車を併結する「多層建て列車」として12両編成で運行されることもあったそうです。

この気動車「アルプス」は165系登場後も運行され、昭和50年まで続いたそうです。



急行「アルプス」に165系が投入されたのは松本電化が完成した昭和40年。
電車・気動車の2本立て列車でしたが、165系の増備に伴い、電車列車が増えていきました。

そして、昭和50年、急行「アルプス」は、すべて電車化されています。



165系「アルプス」にはビュッフェが連結され、「信州そば」を提供。
当時、「かけそば」が60円、「きつねそば」「たぬきそば」が80円、「月見そば」が100円、「天ぷらそば」が150円でした。



「こまがね」を併結した上り「アルプス」との離合。
飯田線に乗り入れる「こまがね」は付属の4両編成で、クハクハ連結が有名でした。

模型は「こまがね」のヘッドマークを掲出していますが、これは飯田線内のみで、中央東線内では掲出していなかったと思われます(;^_^A



上り特急「あずさ」との離合。
「あずさ」が登場したのは昭和41年。
183系0番台が充当されるようになったのは昭和48年からでした。



115系300番台8両編成の普通列車長野行きとの離合。
昔は、長距離普通列車が当たり前のようにあったものです。



EF64けん引の客車列車との離合。
昭和50年までは、客車普通列車も走っていたそうで、荷物車も連結されていたそうです。



夜行の急行「アルプス」には、新宿寄りにクモニ83が2両連結されていた時期があったそうです。

冬、松本到着の時はまだ日の出前でしたが、それでは写真になりませんので、日の出を少し早くし、明るんできた情景にしました(;^_^A

「アルプス」に限らず、夜行の急行に荷物車が併結される例は多々あり、昔は20系「銀河」に茶色のマニが連結されることもありました。



赤文字で「急行」を掲出したクモニ83の後ろ姿。
普段は普通列車に連結されている事が多いクモニがちょっと誇らしげです。



松本に到着した夜行「アルプス」は、クモニを切り離し、大糸線の始発普通列車となり、南小谷駅に向かいます。
冬季は霜切り電車として先頭にクモヤ90を連結したそうです。



朝焼けの北アルプスを背景に大糸線を進みます。



昼行の「アルプス」が大糸線に入ってきました。



昼行の場合、大糸線内も急行という場合が多かったようです。



ところで、先日、しなのさかいさんちで話題になりましたが、このアルプスセットに付属している説明書に記されている編成表に従い組成すると、サハシの向きが逆になりやすくなります(;^_^A

グリーン車とビュッフェ側が向かい合うのが正解です。
よく考えてみればそうですよね。
普通車の乗客がビュッフェに行くさいのグリーン車通り抜けを最小限にしなければなませんから…(;^_^A



編成表は、旧製品のほうがわかりやすかったすね(;^_^A

さて、長い間165系で運行されてきた「アルプス」ですが、特急の増発にともない、徐々に本数を減らし、昭和61年のダイヤ改正で昼行の定期アルプスはなくなり、夜行のアルプス1往復が183系での運行になりました。



その夜行「アルプス」も下り定期便が廃止となり、上りのみとなりました。
平成9年10月の長野新幹線開業後は、「あさま」から転用された189系グレードアップ車が使用されていました。

写真はあえて昼間の情景にしました。
夜景にすると、ヘッドライトとヘッドマークしか写りませんから…(;^_^A



そして、平成13年12月のダイヤ改正で最後まで残っていた夜行の上り「アルプス」が廃止となり、「アルプス」は長い歴史に終わりを告げました。


さて、Nで甦った「アルプス」ですが、実物は、ほとんど撮影していません(;^_^A



筆者が撮った国鉄時代のアルプスは、昭和50年撮影の1枚のみです(;^_^A
しかも、ヒドイ撮り方(;^_^A

さらによく見ると、モハ・クモハが新製冷房車です。



次ぎに「アルプス」を撮ったのは平成13年…(;^_^A
定期「アルプス」最後の便です。

最終運転日(長野駅基準)である平成13年11月29日に長野駅を発車した最後の「アルプス」は、189系 長ナノN202編成(当時)でした。



懐かしの方向幕。



乗車位置案内板も懐かしいです…。



7番ホームの時刻表。
今となっては、「直江津行き」とか「快速 信越リレー妙高」とかも懐かしいですね。



平成15年6月、「懐かしの急行アルプス」が運行されました。
車両は、湘南色に復活した上沼垂の165系。

クモハが松本寄りのため、正調アルプスと編成が逆でしたが…(;^_^A



急行「アルプス」の特集記事、お楽しみいただけましたでしょうか。

KATOの新165系「アルプス」セットは、既発売の115系800番台や300番台、181系「あずさ」セット、スハ32系中央東線普通列車セット、EF13などと併せ、Nゲージで国鉄中央東線物語を再現できるアイテムです。

若いかたには知らない時代の列車のため、興味なしという人もあるかも知れません。

しかし、KATOは、115系1000番台長野色、E233系中央線、E351系、E257系、211系3000番台長野色など、近年の車両も忘れてはいません。

まもなく、新仕様のE257系が発売になります。

KATOが提案してきた「信州シリーズ」、これからも期待するとともに、わがNワールドでの夢・妄想が広がっていきます(;^_^A



2017/1/18  21:50

投稿者:隠密

>マリンシティあずさ さん。
こんばんゎ。
サハシ165の情報、ありがとうございます。
エンド標記、気づきませんでした(;^_^A
何しろ老眼が進んでいて、細かい標記が見えません(;^_^A
「佐渡」においてサロサロをサハシでサンドイッチしていたことは、知識としては知っていましたが…。
ということは、サハシは両栓構造だったのでしょうか…。
現存しない車両のコトを調べるのって、タイヘンですが、オモシロイですよね(^^;

2017/1/16  0:03

投稿者:マリンシティあずさ

こんばんは。
ご無沙汰しております。

165系アルプス、私はT社の製品で揃えてしまっているの
で、今のところ「仕訳」により購入するのを堪えていま
す(^^;

さて、サハシ165についてですが、車端部の「エンド標
記」がこの形式だけ他の中間車と逆(偶数向きのクハと
同じ方向に1・2エンドが来る)になっていることも、連
結向きを考えるうえで混乱してしまう原因になっている
のではないでしょうか。
私はT社の製品に、別に購入したインレタで所属標記や
エンド標記等を転写したのですが、その際にサハシ165
のエンド標記が他の車両とは逆の位置になることに気が
つくまで、連結向きと転写位置の関係にかなり悩まされ
ました。

サハシ165は、昭和38年に「佐渡」でデビューしてから2
年ほど、1編成に2両連結される時代がありましたが、こ
の時は2両のサロを挟むようにビュッフェが配置されて
いたそうです(つまり2両のサハシのうち1両は方転され
ていたことになります。)。

その後、サハシの一部が中央東線のアルプスに転用され
るに当たって、「アルプス」のサハシは(サロとの位置
関係から)方転したままの向きで連結されるようになっ
たようで、そのためエンド標記が他の車両とは逆になっ
ているのだそうです。

なかなか奥が深い(!?)ですね。

2017/1/15  21:19

投稿者:隠密

>海山鉄さん。
こんばんゎ。
そうですが、名鉄は全車標準装備なんですか〜。
騒音問題というのが、現代的ですね。

2017/1/13  9:18

投稿者:海山鉄

お早う御座います

補足?です
名鉄は基本どの車輌も『どけよ〜♪』の
ミュージックホーン備えているって聞きましたよ〜

最近は住宅が増え『騒音公害』の面から鳴らすのが
稀となって寂しい限りです。
いまでは普通の電子笛です。

http://plaza.rakuten.co.jp/tetuwota/

2017/1/12  22:01

投稿者:隠密

>海山鉄さん。
こんばんゎ。
名鉄には「北アルプス」というのがありましたね〜、見たことはありませんが…(;^_^A
あの列車も「どけよ、どけよ…」を装備していたんですか〜、知りませんでした(;^_^A

2017/1/12  8:48

投稿者:海山鉄

お早う御座います

年末年始と本家〇-Trainでは無い位に発刊してますね〜

拙者はガキの頃は名鉄沿線でしたので『アルプス』と言うと
『名鉄の北アルプス』で8000系がイメージが強いですね!

ミュージックホーンで、『あっ〇〇時だ、家帰ろ!』って時間振りしてました。
今ではどちらもなくなってしまいましたけど・・・


http://plaza.rakuten.co.jp/tetuwota/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ