2016/8/20  1:00

KATO カニ21・ナハネフ23のライトLED化  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

電球仕様のライトをLED化するシリーズ。

今回のお題は…



KATO 20系客車のうち、カニ21とナハネフ23です。

まず、カニ21から始めます。




分解です。
客車はテールライトのみの配線なので簡単です(^^)



ライトユニットの電球を撤去します。



3mm砲弾型白色LEDのアノード側に560Ω1/4W小型タイプのカーボン抵抗をハンダ付けしておきます。



電球の付いていた場所にハンダ付けします。



ライトユニットをライトケースにもどします。



このままではバックサインが明るすぎので、減光剤として白色プラ板を現物合わせてカットしてLEDの前方に取り付けます。



集電板と車輪を掃除して、シャーシを組み立てます。



車体を載せてできあがりです。



つづいてナハネフ23を分解します。
ライトユニットはカニ21とそっくりですが、こちらはスイッチが付いています。



電球が付いていた場所に、アノード側に560Ωの抵抗をハンダ付けしておいた3mm砲弾型白色LEDをハンダ付けします。



ライトケースにライトユニットをもどします。



集電板と車輪を掃除してシャーシを組み立てます。



車体を載せてできあがりです。

では点灯テストです。



写真に撮るとバックサインが白飛びするので電圧を下げて撮影。



実用電圧に挙げてみました。
明るく良い色のライトになりました(^^)



真っ暗な鉄路を走り去る20系の後ろ姿って特徴的でしたね(^^)

というワケでこれをもって配備してある20系のテールライト・バックサインのLED化、完了です。

めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ