2016/8/10  20:00

鉄道模型コンテスト2016 その3  鉄道模型(いろいろ)

鉄道模型コンテスト2016のレポート、今回はTOMIXとTOMYTECです。

クリックすると元のサイズで表示します

TOMIX TOMYTECのブース。

製品化予告とか、新製品の試作品などの展示が見あたりませんでした。
見逃したのでしょうか…?(・_。)?(。_・)?

ちょっと活気が足らないようにも感じましたが…。


クリックすると元のサイズで表示します

ミニジオラマにトライ!。
プロふたりがいろいろなコトを指南してくれるコーナー。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな土台にストーリーを展開するミニジオラマ。
鉄道とは無関係な場面を作るかたも多いとか…。

クリックすると元のサイズで表示します

額の上に製作したミニジオラマ。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンどんぶりの上に製作したジオラマ。
土台にどんぶりを使うという発想、なかなかできることではありません(;^_^A
ちゃんとジオラマの中にストーリーがあり、アイディア賞と言っても良いかも知れません(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

ジオラマ製作のプロが製作の実演をしながら、いろいろな質問に答えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料こと、素材のこと…、何でも聞いてくださいとのコト(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

信号機・踏切の展示コーナー。
こういうギミックものはTOMIXのお得意なのですが、展示の方法がオモチャちっくになっていて、ちょっと残念(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

2灯〜5灯まで揃っている信号機。
ユニトラックは3灯式しかないので、ウラヤマシイ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

リアルな動きとサウンドで人気の踏切。
それにしても、この広い複線間隔が残念です。

クリックすると元のサイズで表示します

Mカプラーを活用した自動解放システムの体験コーナー。
面白いシステムなのですが、巨大なMカプラー(アーノルド)が嫌われ、採用しているビギナーさんは少ないと聞きます。

さらにMカプラーの都合で、電気機関車のスカートに凸形の切り欠きあり、TNカプラー派のかたには残念な状況…。

クリックすると元のサイズで表示します

ジオコレの「ペディストリアンデッキ」

駅前再開発シリーズとでも言いましょうか…(;^_^A
道路やビルなど、都会の駅前をトータルで提案してきたジオコレ。

今後のラインナップに期待しましょう(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

マグネシウム電池で動く電車とバスのジオラマ。

クリックすると元のサイズで表示します

大宮のテックステーション限定の製品が展示・販売されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場特価というワケではなく、あくまでもテックステーションと同じ価格です(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

フリーランスの凸形機関車やED62JR貨物塗色など…。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャンクコーナー。
掘り出し物をさがす高校生たち。

この会場での展示はTOMIXブランドよりもTOMYTECブランドのほうが占有面積が多かったように思います。

もしかしてTOMIXはJAMのほうに力を入れるのでしょうか…。

というワケで、次回につづきます。
タグ: Nゲージ



2016/8/13  21:21

投稿者:隠密

>oomoriさん。
TOMIXのJAM会場限定品って、あったんですか(@_@;)
知りませんでした。…。不覚…。

2016/8/12  9:00

投稿者:oomori

TOMIXは、JAMにも協賛しているので、そっちがメインになるのでは?
会場限定発売製品もありますしね。

http://oomori1006.cocolog-nifty.com/blog/

2016/8/11  15:01

投稿者:隠密

>海山鉄さん。
こんにちゎ。
もしかするとTOMIXはJAMにシフトするのかも知れませんね。
ジャンクコーナー、いろいろありましたが、私にはコレ♪というものがありませんでした(;^_^A

2016/8/11  6:41

投稿者:海山鉄

お早う御座います

ショー会場でそれぞれの個性が出てくるのでしょうか?
以前静岡に行った際はトミー(グループ)はかなりの
コマで大盛況でしたよ〜

トミーさんたまにジャンク出すんですよね〜
以前はHOの583先頭車が5000円以下で(多分小傷とか位?)で販売してました
予算が無く買えませんでしたけど(泣)

http://plaza.rakuten.co.jp/tetuwota/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ