2016/5/31  1:00

高崎車両センター仕様のEF64の屋根上塗装を揃える  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

先日、追加カスタマイズを行ったEF64 1001、EF64 37、EF64 38。
高崎車両センターの仲間たちです。

クリックすると元のサイズで表示します

38号機は、JR仕様にするため、いろいろカスタマイズしていますが、37号機と1001号機の屋根上塗装は製品そのままとしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

当初はそれでヨシと思っていましたが、3両並べた時、塗装がバラバラというのが気になっていました(;^_^A

加えて、ランボードの耐熱塗装についても最近知ってしまい、ココを表現してみたくなりました(;^_^A

調べた結果、ロクヨンのランボード耐熱塗装は、0番台が排熱口の両サイド部分、1000番台は排熱口が片側だけですので、耐熱塗装も片側のみのようです。

と言うわけで、またまた追加カスタマイズを施工することに…(;^_^A


クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。
もう何回目か…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

まず、1001号機からマスキングをしますが、塗り分けラインはネットで公開されている写真を参考にしました。
(JRになってから実物を見たことがありません^^;)

車端部は、モールドを避けるため、小さくカットしたマスキングテープを組み合わせてマスキングしていきますが、意外と時間がかかり、この状態にするまでに1時間かかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

他の2両もマスキングします。

と文章で書けば一行ですが、作業には休憩時間を入れて約3時間かかりました(;^_^A
ノロマなのか慎重にやりすぎているのか…(;^_^A

なお、1001号機は最初からパンタ周辺がグレーになっていますが、一旦、黒色に塗装することにしました。

38号機のパンタ周辺は、当初タミヤXF-80ロイヤルライトグレーを使用していましたが、ちょっと明るすぎると感じ、一段暗いクレオスH53ニュートラルグレーに変更することにしました。

今後、パンタ周辺とランボード耐熱塗装部分にはH53を使うことを標準とします。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料の染み出し防止対策用にクリアーを吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します

1001号機に自家調色の屋根用ブラックを吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します

マスキングをはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

キレイにできました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたら、グレーを塗るため再びマスキングします。

しかし、このマスキング、間違っていることに後で気づきます(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

クレオスH53ニュートラルグレー(半光沢調色済)を吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します

マスキングをはずしますが、ここで1001号機のマスキングエラーに気づき、急いで塗り直すことに…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

耐熱塗装の幅が違っていたばかりではなく、0番台と同じく両サイドを塗装してしまったのです(;^_^A

あわてて塗料を落とし、もう一度マスキングして塗装しました(;^_^A

ロクヨンは、排熱口に面するランボードに耐熱塗料が塗布されているそうで、排熱口の幅にあわせ、マスキングします。

この部分、知らなければそのままだったのですが、不幸にも(?^^;)知ってしまったので、今回カスタマイズすることに…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

キレイにでき・・・たと思います(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

パンタの碍子にクレオスH46エメラルドグリーンを色差しします。

当初のカスタマイズでは、あり合わせでタミヤXF-71コックピットカラーで色差ししましたが、イメージが違っていたため、新たに碍子用のカラーを探した結果、クレオスH46が良いということになったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根上パーツをもどします。

クリックすると元のサイズで表示します

シャーシと車体を組み、パンタを載せてできあがりです。

では、記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの車両センターのジオラマです(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

クレーンショット。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根上塗装が統一されました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

パンタ周辺の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

エメラルドグリーンの碍子、色が鮮やかなので、意外と目立ちます(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

今度こそ、この3両のカスタマイズは終了のハズです…(;^_^A

めでたし、めでたし。



2016/5/31  23:01

投稿者:隠密

>ヒゲオヤジさん。
こんばんゎ。
屋根上は気にしなければ何でもないのですが、気にしだすといろいろカスタマイズしてみたくなってしまうんです(;^_^A
ようするにビョーキです(;^_^A
でも、1つの車両に自分なりに「魂」を入れるのって楽しいですよね(^^)

2016/5/31  5:50

投稿者:ヒゲオヤジ

おはよーございます、
細かいところまでカスタマイズを施し機関車に魂を入れる、これぞ健全な鉄模遊びですね。
さすが見栄えがかなり良くなりますね。
私もチャレンジしたいですが、性格と集中力が・・・
(;´∀`)

http://butsuma-tetsudou.cocolog-nifty.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ