2016/4/28  1:00

銀河モデルのEF64 1000更新色用ナンバープレート  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

銀河モデルのEF64 1000番台JR貨物更新色用ナンバープレートセットを購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

愛知機関区の大宮更新色をほとんどをカバーしているのだそうです。

本当は、原色用が所望なのですが、製品化されていないので仕方ありません。


クリックすると元のサイズで表示します

現在、仮に「1041」の番号を付けている「一般色クーラー付き」の番号を変更したいと思い、収録されている番号の履歴や原色時代の写真をネットで参照した結果、「1018」が使えそうだとわかりました。

ただし、配置が高崎機関区時代ということになりますが…(;^_^A

「1041」のままでも良いかも知れませんが、車体側面の電暖表示灯とスカートの電暖ジャンパ栓を撤去しなければなりません。

車体のモールドを切削した場合、パテ修正の上、ほぼ全塗装となってしまい、JRマークなどが消えてしまいます。

そこまで冒険するのであれば、電暖が装備されていた1032号機までのどれかにしてしまおうと考えたのです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

必要な番号を、良く切れる小型ニッパで切り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

既存の番号の上に少量のゴム系接着剤を塗布して新ナンバーを貼り付けます。

銀河モデルのナンバーは薄い金属製ですので、既存のナンバーの上に貼り付けても、あまり違和感なく仕上がります(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

正面も同様に貼り付けます。

実際のナンバーもプレート式ですので、これで良いと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

というワケでナンバー変更作業終了。

1018号機(高)となりました。

めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ