2014/9/4  17:00

長野電鉄10系OSカーの屋根上を観察する  長野電鉄

先日より記事にしている、長野電鉄10系OSカー。

鉄コレで新発売となったものの、デハのアンテナの取り付け向きがハッキリしませんでした。

アンテナ(大)は、過去に撮った写真から向きがわかりましたが、アンテナ(小)が不明確でした。

そこで、実物を観察すべく、須坂駅まで行って来ました(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

2014年9月現在、10系OSカーは、須坂駅構内の廃車留置線に佇んでいます。
都合良く、車両の上に東西連絡跨線橋が通っていますので、上からの観察が可能です(^^)


クリックすると元のサイズで表示します

3500系に8500系、10系、電気機関車、廃車された車両が多数留置されています。
いちばん手前の8500系は、形式の標記も社紋もありません。
もしかすると部品確保用かも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します

では、さっそくデハの屋根上観察です。
写真奧が長野側です。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはアンテナ(小)、アンテナ枠内の出っ張り部分がパンタ寄りです。

筆者の想像していた向きと逆でした(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

そして、アンテナ(大)。
やはり、こうですか〜(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

参考にクハも撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、アンテナ(小)の向きを修正し、やっと配備完了です(^-^)

めでたし、めでたし♪



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ