2014/8/27  1:00

KATO 211系長野色をカスタマイズする  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

購入してずいぶん月日が経ちましたが、やっとカスタマイズです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

少し分解を始めた段階で、なぜか中断したままでした(;^_^A

というのも、ライトのLED化をどうしようか、考えているうちにフェーズが下がってしまったのです(;^_^A

ところが先日、211系長野色が夢枕に立ち、箱から出して〜m(__m)〜〜出して〜m(__m)〜〜
と言っているではありませんか…(;^_^A

というワケで、突然作業を始めました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。

シャーシと車体の分離はもちろん、屋根、前面部も分解です。

屋根をはずさないと前面部がはずれないのです。

構造を確認するため、台車もはずしました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはライトのLED化です。
これがライト基板ですが、211系は初めて行うので、試行錯誤しながらの施工になります

クリックすると元のサイズで表示します

複線に先頭車を並べ、ライトの点灯状態を確認します。

クリックすると元のサイズで表示します

テールライト電球は上を向いているほうです。

クリックすると元のサイズで表示します

配線を確認します。
共通アースは?
ヘッドライトの配線は?

クリックすると元のサイズで表示します

基板に印をつけておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

電球をニッパーでカットします。

クリックすると元のサイズで表示します

ハンダ吸い取り線で不要なハンダを除去します。

クリックすると元のサイズで表示します

現物合わせでヘッドライト用電球色LEDの足を曲げ、基板にハンダ付けします。
ハンダ付け前に極性を確認することは言うまでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

テールライト用LEDも現物合わせで足の長さを調整し、ハンダ付けします。

クリックすると元のサイズで表示します

抵抗を入れていませんので低い電圧で点灯テストです。

クリックすると元のサイズで表示します

基板裏です。
既存のダイオードはそのままとしました。

ところが、カーボン抵抗を入れる余地がありません(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

それならば…、集電板の片方をはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

代わって、560Ωのカーボン抵抗をハンダ付けします。

クリックすると元のサイズで表示します

抵抗の足を床板の集電板に直接接触させて通電しようというワケです(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

遮光ボックスを取り付けます。
テール用LEDの位置決めが微妙で、少々無理をしちゃいました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

前面種別幕の導光材の根元を青色マジックで塗っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

遮光ボックスを組み立てたら点灯テストです。


つづいてシール貼りです。

クリックすると元のサイズで表示します

前面部品をはずした状態で列車番号シールを貼ります。
説明書では前面ガラスの上から貼るようになっていますが、実際に近くなるよう、前面ガラスの後ろにシールがくるようにしたのです。

この列車番号、一番上の列のものを選んじゃいましたが、改めて時刻表を調べたら、これって大糸線の番号のようです(;^_^A

ほんとは篠ノ井線の番号にしたかったのでが…(;^_^A

ま、老眼では判読できませんのでヨシとしちゃいます(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

前面部品を取り付け、それから屋根を取り付けます。

この屋根と前面部は分解しにくく、ツメを折ってしまいました…(T.T)
でも、ちゃんと後から組み立てられましたが…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

方向幕は「松本」としました。

クリックすると元のサイズで表示します

車体とシャーシを組みます。

クリックすると元のサイズで表示します

クモハの貫通ホロの枠を実車同様に、XF-1ツヤ消し黒で色差しします。
というか、写真ではよくわかりませんね(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

クハの優先席シールも貼ります。
あ、トイレ窓を白で色差しするのを忘れました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

組立が完成したら、点灯テストです。
まずヘッドライト。
さすが電球色LED♪

しかし、クハとクモハで少し明るさが異なります。
おそらくLEDの取り付け位置の微妙な差で光量が変わったと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

テールライト。
あ、種別幕も電球色になっちゃいした(;^_^A
導光材の色差し箇所を手直ししないと…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

連結面にGMの電車用ホロをゴム系接着剤を使って取り付けます。

これで作業は終了、記念撮影は後日です。


次回はTOMIXの211系長野色をカスタマイズする予定です。


※記事掲載後、チラツキ軽減用電解コンデンサーの使い方に誤りがあることがわかりましたため、28日にその項目と写真を削除しました。
ご迷惑をおかけいたしました。

このコンデンサーにつきましては、後日、改めて記事にする予定です。



2014/8/28  11:49

投稿者:隠密

>シンケミさん。
機関車のカスタマイズに比べたら楽かも知れません(^^;
LED化に手こずりましたが…(;^_^A
3種類の老眼鏡をかけ替えながらの作業は不便です(;^_^A

>海山鉄さん。
こんにちゎ。
そうです、成仏…って・・・(;^_^A
うちにもカスタマイズ待ちの車両がたくさんあります。
自分が他界するまでしあげられるかどうか…(;^_^A
電気関係、私はド素人ですので、あまり参考にならない場合もありますので、ご了承を…。

>shinano56さん。
KATOほうが簡単??そうですか??(^^;
211系は初めて施工だったので、手間取りましたが、もし、より簡単な手法にて楽しんでおられるのでしたら、ぜひとも貴ブログで手法をご紹介くださいまし。

導光材への着色、そうですか…、ありがとうございます。
タミヤのクリアーブルーを買ってきたので試してみたいと思います(^-^)

2014/8/27  18:05

投稿者:shinano56

どうもこんにちは
KATOのLED交換は結構簡単だと思いますがTOMIXのライト基盤は表面処理をしてるみたいなので新たに穴をあけるのは無理みたいです(-_-;)
しかも基盤が小さいのでかなり難しそうです…
ちなみに方向幕の導光材は根元よりも屈折部のほうで水色のマジックのほうがきれいに白色に近くなります。(115系で実証済み)

http://blog.ap.teacup.com/shinano56/

2014/8/27  7:59

投稿者:海山鉄

おはようございます

コレで211系も成仏・・・いやいや、満足される事でしょう!
拙者の所は満足されていない車両群が多すぎて、天候不順のときは取りつかれた様に黙々と作業を進めてます(爆)
拙者の次のステップは電装関係なのでとても参考になります。

http://plaza.rakuten.co.jp/tetuwota/

2014/8/27  0:18

投稿者:シンケミ

隠密さん こんな細かな作業をなさるとは凄いです。
ぐっとリアルになりましたね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ