2014/6/25  19:00

KATO EF58 61をお召し正装にカスタマイズする  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

2012年3月にプチリニューアル再生産された「EF58 61号機 お召し機」

クリックすると元のサイズで表示します

購入してからずいぶん経ちましたが、やっと、カスタマイズをすることにしました。

EF58 61号機は、2009年に発売されたものを所有しており、2台目ということになります(;^_^A

同じ機関車を2台?。
ヘンかも知れませんが、2012年購入の61号機は「お召し正装」にカスタマイズするつもりで購入したのです(^-^)/

そして2009年購入の61号機は、一般運用仕様にすることにしました(^^)

ではカスタマイズを始めます。


クリックすると元のサイズで表示します

まずは車体とシャーシの分離ですが、KATOのゴハチは分離しにくい場合が多く、この製品も簡単にはいきませんでした。

車体とシャーシは、運窓横の下付近にツメがあり、窓ガラスとともにハマっています。

ですので、車体とシャーシの間に厚紙などをはさみ、フックをはずしながら慎重に少しずつ分離していきます。

無理をすると車体が壊れます。
ちょっと慣れが必要かも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに分解し、先台車・主台車・サイドエアータンクを取り外します。
簡単に書いていますが、精密部品で構成されていますので、慎重に分解します。
分解前に写真をとっておいた方がイイかも知れません。

アーノルドカプラーは不要ですので、はずしてジャンク箱行きです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

台車は台所用洗剤で洗って、よく乾かします。

クリックすると元のサイズで表示します

乾いたら、プラスチック用プライマーをスプレーします。

クリックすると元のサイズで表示します

プライマーを1時間以上乾かし(冬季ならもっと時間がかかります)、つやありブラックをスプレーします。

塗料を乾燥させているあいだに車体のカスタマイズを行います。

クリックすると元のサイズで表示します

パンタグラフをX-11クロームシルバーで塗装し、塗料が乾いてからスリ板上部にクリアーオレンジを、ヒンジにXF-7レッドを色差しします。

文章で書くと簡単ですが、パンタの塗装には1時間くらいかかっています(;^_^A
老眼は悲しいですね〜(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

屋根上機器ですが、製品に付属していた避雷器はLA-17です。
筆者は国鉄時代を所望なのでLA-15を用意しました。
これは、旧製品の余剰部品のストックです。

また、列車無線アンテナも付属していますが、使用しません。

クリックすると元のサイズで表示します

避雷器、ホイッスル、信号炎管を取り付けます。
日章旗は仮付けです。
日章旗を付けたままですと、車体とシャーシを組むことができなくなります。

以前は難儀していた屋根上機器ですが、今は短時間でできるようになりました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

運転室をXF-71コックピットカラーで塗装し、座席をXF-8フラットブルーで色差しします。

機械室はカラーパーツですので塗装しません。


さて、台車の塗料がかわいたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで公開されている画像を参考に、ロッド類にX-11クロームシルバーを色差ししていきます。

ステップはX-2ホワイトで色差しです。

とても細かい作業のため、目と肩がかなり疲れます(;^_^A
この作業に約3時間以上かかりました…。

また、台車に使われている樹脂は塗料がのりにくい素材のため、プライマーを下塗りしてあっても、作業中にポロッとハゲる場合があります。

そんな時はX-1ブラックでタッチアップします。

クリックすると元のサイズで表示します

上手とは言えない色差し。
筆者の技量ではこれがせいいっぱいです。

クリックすると元のサイズで表示します

先台車にはTOMIXのエアーホースを取り付けました。
そして、付属のナックルカプラーを取り付け、にぎり棒を差し込みます。

にぎり棒はポリアセタール樹脂のようですので塗装しませんでした。

先輪は、新製品のスポーク車輪(黒染め)を、と思いましたが、お召し機の場合、銀車輪のほうが良いので純正のままです。

クリックすると元のサイズで表示します

主台車を組み立てます。
乗務員ステップはX-11クロームシルバーで色差ししました。

それにしてもC配列の台車って、組みにくいですね〜(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

シャーシに台車を取り付けます。
先台車は仮固定です。

先台車を取り付けてしまうと、日章旗と台座が取り付けにくくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を載せ、1エンドに日章旗を、2エンドに台座部品を取り付けてから先台車を取り付けます。
そして、パンタグラフを載せれば作業完了です。

今回のカスタマイズは朝6時に作業を始め、終わったのが16時…(_ _;。
目と肩が疲労して、仕事より疲れた感じです(;^_^A

細かい色差しは老眼にはこたえます…(;^_^A

では記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

機関区で最終チェックを受ける61号機。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴハチは台車のロッド類が多いので、シルバーの色差しが目立ちます(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

ドアップで撮影すると色差しのアラがわかってしまいますね(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

実感目線、縦撮り♪

NゲージにはX-11クロームシルバーの微粒子が大きく感じちゃいますね(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

御料編成を連結し、出発準備完了です(^-^)/

というワケで、EF58 61号機 お召し正装 配備できました〜(^-^)/

めでたし、めでたし♪



2014/7/2  21:34

投稿者:隠密

>羽越本線民。
ようこそいらしゃいました。
ロクイチはこだわる人はもっとスゴイようですが、私の場合、これがせいいっぱいでした(;^_^A

2014/7/2  20:50

投稿者:羽越本線民

はじめまして、羽越本線民です。
僕の家にも61あるのですが、ここまでリアルにできないので、とてもすごいですね!
ちなみに、旧製品なので、マグネマティックじゃないです。

http://kmhn557799e.hatenablog.com/

2014/6/28  21:05

投稿者:隠密

>シンケミさん。
いやはや、細かかったです(;^_^A
E655系、157系、183系、1号御料編成…、
いろいろな「お召し」が楽しめるようになりました(;^_^A

2014/6/28  11:16

投稿者:シンケミ

隠密さん 健ちゃんさん Salamさん
みなさん こんにちは〜


隠密さん
ホント細かな作業ですね
Nサイズで 拡大画像でもここまでキレイなのは凄いです
これで 隠密鉄道のお召列車が仕立てられましたね!

2014/6/26  21:38

投稿者:隠密

>salamさん。
ありがとうございます(;^_^A
疲れました(;^_^A
台車への色差し、HOでも疲れると思いますよ〜(;^_^A
実物のお召し正装は磨き出しとか、もっとタイヘンのハズですよね(;^_^A

>健ちゃんさん。
ありがとうございます(;^_^A
やはり61号機となると気合いが入っちゃいますね(;^_^A
EF64 77号機も台車をバラして塗装していますので、今回もやってみました(^^)

2014/6/26  12:43

投稿者:健ちゃん

細かい作業お疲れ様でした。
台車までバラシ塗装しなおすとは!!
よりリアルになりましたね。
避雷機ににまで拘るとは流石です(^^)v

http://sky.geocities.jp/kentyansan55/index.html

2014/6/25  23:53

投稿者:Salam

こんばんは。細かな作業お疲れ様です。
大変そうですねー。とてもNで同じ作業をしようとは思えませ
ん。
お召整備の検修陣の苦労が偲ばれましたでしょうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ