2014/2/23  20:00

GMパンタグラフ点検台を組立て・塗装する その2  鉄道模型(ジオラマ工作)

GMのパンタグラフ点検台、2基目の組立と塗装を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はスプレー塗料を使うことにしますので、すべて組み立てず、デッキ・脚と基礎・階段に分けました。


クリックすると元のサイズで表示します

アトムペイントの「スチールグレー」を使いました。
このカラーは、わがNワールドではクーラーやベンチレターに使用している塗色です。
外は北風が吹いていましたが、スキを狙って、サササっと吹き、屋内に逃げます(^^;

このスプレー塗料は水性のため、ラッカーのようなニオイが少なく、屋内乾燥が可能で、寒い冬場には便利な塗料です。

ただし、ラッカー系と比べ、乾燥時間が長く、2時間経っても乾燥しませんでした(;^_^A
結局24時間以上乾燥させました…。

また、この塗料はツヤ有りですので、クレオスのトップコートつや消しを吹いて仕上げました。
このトップコートも水性なので屋内乾燥が可能です。

とは言え、いずれも溶剤が含まれていることに違いはありませんので、換気は必要です。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、接着予定箇所はマスキングしておきました。
プラモデル用接着剤は塗料後に使用するには不向きだからです。

クリックすると元のサイズで表示します

トップコートを24時間以上乾燥させ、今度は手すり(防護柵)の色差しです。
1基目は、手すり(防護柵)すべてをイエローに塗装しましたが、2基目では、手すり上部のみとしました。

イエローは下地が透けるカラーですので、3回塗りしました。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたら組立てです。
脚とデッキはプラモデル用接着剤、デッキと階段はゴム系接着剤を使用しました。

それでは記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

1基目と並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

1基目はイエローが目立ちすぎましたが、今度はほど良い感じになりました〜(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

車両センターらしくなったでしょうか(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

と言うわけで、2基目、完成です(^-^)/

めでたし、めでたし♪

なお、1基目は塗装変更せず、そのままにしておこうかと思います(;^_^A



2014/2/24  22:57

投稿者:隠密

>甚六郎さん。
ひゅるるるるるm(__m)〜〜でござりまする〜。
はい(^-^)/、イエローの塗り範囲を変えることで、調和のとれたアイテムになりました♪
車両センター、時には機関区、何にでも変身できるレイアウトです(;^_^A

>Salamさん。
2基目、うまく行きました(^-^)/
なんか、もう1セット欲しくなっちゃいました(;^_^A

2014/2/24  7:02

投稿者:Salam

今度はバッチリですね!
人形も動きがあっていいなぁ。

2014/2/23  23:37

投稿者:甚六郎

グゥォォォォォ〜ン m(__m)〜〜 南無南無〜
でございまする〜

おぉ〜♪ 2台目の塗色はグッと落ち着いた感じ
に仕上がりましたね d(^^)
手摺りの上部のみを黄色に塗装作戦の勝利ですね♪

良いですねぇ〜車両センター感に溢れております
です d(^^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ