2014/5/31  12:00

KATO 181系と仲間たち  鉄道模型(情景特撮)

※今回は過去記事を再編集してお送りいたします。


2013年6月に発売になった181系「とき」セット

クリックすると元のサイズで表示します

もちろんフル編成で揃えました。

クリックすると元のサイズで表示します

単品でサロ481も購入(^-^)/
何をやりたいか、もうおわかりですね(^^)


クリックすると元のサイズで表示します

そうです(^-^)/
段違いサロ(^-^)/
末期の「とき」を知っているものとしては、ぜひ再現してみたい組み合わせです(^^;

そして、これで国鉄時代の上越線の特急列車たちが揃うことになり、ますます撮影が楽しくなりました。
って、走らせるより「撮る」ほうが楽しいと感じている筆者です(;^_^A

そんなわけで、卓上レイアウトで「上越線大会」開催で〜す\(^^@)/


【特急編】
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、新発売の181系「とき」。
絵入りヘッドマーク、段違いサロを再現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

模型の181系はピッカピカですが、実際の181系は傷みが随所にあり、ちょっと悲しい姿に見える場合もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

当時、撮っていたようで撮っていなかった181系「とき」。

クリックすると元のサイズで表示します

昔はフィルム代、現像代がバカにならず、見ていただけであまり撮っていなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

唯一撮った「絵入りマーク」は、痛恨の巻き上げミスによる二重撮影…(_ _;

デジカメしか知らない若いかたには「フィルム巻き上げ??」「巻き戻し??」と思うでしょうね(^^;

昔は巻き上げも巻き戻しも手動だったんです…。

クリックすると元のサイズで表示します

上越線経由で上野〜金沢を結んでいた「はくたか」
本物は見たことはあっても撮ったことのない列車でした。

この「はくたか」と言う名称は北陸新幹線に引き継がれることになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

「はくたか」は「白山」と共通運用だったようで、489系が充当されている場合もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

上越線の主役であった特急「とき」
しかし、161系や181系は雪に弱く、故障が続出。
豪雪の時には「凍死寸前」に陥っていた「とき」
これの救済対策として耐寒耐雪を強化した183系1000番台が登場しました。

クリックすると元のサイズで表示します

183系1000番台の耐寒耐雪性能はすばらしく、豪雪で立ち往生する165系や客車列車のなか、除雪救援隊の輸送をやりとげたコトもあったそうです。

特急「あさま」用の189系もこれに準じて造られました。

183系1000番台は田町電車区にも配置され、特急「あまぎ」にも使われました。
田町の183系1000番台は冬になると臨時特急「新雪」として上越線に来ることがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

183系1000番台の「とき」もほとんど撮影してなく、ケチ撮りをしていた当時が悔やまれます。

クリックすると元のサイズで表示します

上野〜秋田を結んでいた485系「いなほ」

クリックすると元のサイズで表示します

「いなほ」は秋田電車区の担当で、新幹線開業前まで食堂車が連結されていたと記憶しています。

クリックすると元のサイズで表示します

「いなほ」も撮影枚数が少なく、ほんの数カットしかありません。



急行編

クリックすると元のサイズで表示します

上野〜新潟を結んでいた、165系急行「佐渡」

上越線の急行というと、新前橋電車区が担当していた「ゆけむり」などもありましたが、これは上野〜水上でした。

清水トンネルを越える定期急行は「佐渡」と「よねやま」だけでした(たぶん^^;)。

クリックすると元のサイズで表示します

当時、急行列車は好きにもかかわらず、撮影対象外だったため、写真は皆無です…。
今だったら撮って撮って撮りまくるでしょうけど…。



普通編

水上以北になるとガクッと本数が減ったのが普通列車でした。

クリックすると元のサイズで表示します

4両編成も走っていましたが、サハを含む長編成も運転されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

この115系、多客期に臨時急行「佐渡51号」として運行されたコトもあり、駅で目撃した時は、じぇじぇじぇ!!でした(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

普通列車の中には荷物車・郵便車を併結しているものもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

通常はクモユとクモニがセットで連結されていましたが、クモニ143のみの時もあったそうです。

また、クモニ四重連という荷物列車もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

時代がさかのぼりますが、70系新潟色も思い出の電車です。
初めて目撃した時は「マーブルチョコレート」みたいな電車と思っていました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

サロ改造の先頭車がなんとも不思議に思ったものです。
昔々は高崎ので来ていたそうですが、筆者の知っている70系は水上まででした。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側は湘南顔のクハでした。
せっかくなので、方転して撮影です(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

115系をこのカラーにしても似合うような気がするのですが…



機関車列車編

昭和50年代、寝台列車は客車だった上越線ですが、昼間の客車列車は皆無に等しかったと記憶しています。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中、12系の臨時列車を目撃することがありました。
冬季はスキー臨として「小出スキー」「石打スキー」などが運行されていましたが、夏の12系というと団体臨時ということになるのでしょうか(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

国境越えの区間ではEF16が補機として連結されていたのも思い出です。

クリックすると元のサイズで表示します

スロ81系お座敷列車も通ったことがあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

お座敷と言うと、東海道でのスロ81しか見たことがない筆者ですが、上越線を通ったお座敷って、品川だったのか、金沢だったのか…。

クリックすると元のサイズで表示します

貨物列車も多数走っていました。
機関車はEF15の場合が多かったようですが、EF65PF前期型も目撃したことがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

EF65PFでも国境越えは補機が付いていました。



さて、懐かしの上越線の列車たち、お楽しみいただけましたでしょうか。

背景画が同じなので、変化のない写真になってしまいましたが、設置〜撮影〜撤収には意外と時間がかかりました(^^;

なお、ヘッドライトり点灯状態はコラージュです。

長い記事になりましたが、おつきあいいただきましてありがとうございました。



2014/5/31  21:39

投稿者:隠密

>Satokawaさん。
うおおお(@_@;)
ぉ奉行さま、生きておられたんですね(@_@;)
てっきり御討ち死にしたかと…(;^_^A

末期の181系「とき」、これを再現するとなると、市販品そのままではむずかしくなりますね(^^;
モロ改造のモハなんて超マニアックですし…(^^;
Nでは手軽に楽しみたいと思います(^^)

2014/5/31  21:19

投稿者:Satokawa

折角、段違いサロを入れるのでしたら、モロ改造のモハ200番台とか、事故でユニット組み替えしたモハ200番台+100番台ユニットとか.....8両のモハの内、6両が狭窓モハ+サロ2両で、超狭窓編成とか....
181系は旧国並の楽しみ方が出来ますね(爆)

http://blog.goo.ne.jp/satokawa_157/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ