2013/5/21  17:00

EF65Pの機械室を塗装する  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

所有の電気機関車は、原則として運転室と機械室をコックピットカラーに塗装することにしていますが、EF65は全車未施工だったことに気づき、少しずつ施して行くことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はP機を施工しました。


クリックすると元のサイズで表示します

ファインスケールになったKATOのEF65、車体とシャーシを分離したのは初めてです(^^;
ダイカスト部分にかぶせるようにセットされていた黒い枠…。
旧製品にはなかった部品です。
運転台も別パーツになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

タミヤのXF71コックピットカラーで黒枠部品を塗装し、運転室の座席にはXF-8フラットブルーを色差しします。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたらパーツの組み込みです。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組んで、できあがり♪

クリックすると元のサイズで表示します

運転室の座席に色差ししても、ほとんど見えないので無意味かも知れませんが、自己満足の世界です(;^_^A



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ