2013/5/1  21:00

KATO電車動力車のメンテナンス  鉄道模型(メンテナンス)

※今回は過去記事アーカイブスです。


以前、中古として購入したKATOモハ152。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん旧製品です。

販売店側の走行評価は「A」でしたが、届いてから走らせてみるとギクシャク…(-_-#)

レールと車輪を掃除してから走行させてみましたが、やはりギクシャク…。

動力車がギクシャクする原因は大きく3つあります。

@レールの汚れによる集電不良。

A車両側の通電不良。

B車両の動力伝達装置の汚れ。

これはHOも同様で、とくにDVモーターにインサイドギヤの組み合わせだった時代は、モーターの消費電力が大きく、上記のほかに「ブラシの消耗」も原因だった記憶があります。

Nは消費電力も少なく、昔のDVモーターのような構造のモーターは使っていませんので、モーターそのものにギクシャクの原因がある場合は少ないようです。

さて、前置きが長くなりました。

ギクシャク改善の一番の処方は分解掃除です。

KATOの電車・気動車の動力車は、ほとんどが同じような構造ですので、これからの方法は他形式でも同じです。

では、はじまりはじまり〜


クリックすると元のサイズで表示します

まずは車体を痛めないようにシャーシと分離です。

クリックすると元のサイズで表示します

床板から台車をはずします。
ツメをドライバーなどでごじっても良いですが、筆者は片方ずつ、手ではずしています。
無理をすると壊れるので要注意です。

同時にシャフトもモーター側から抜けてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

床下機器もはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

台車の分解は片方ずつ行います。
組み立てのさい、もう片方を見本にするためです。
まずはシャフトを引き抜き、カプラーも損傷防止のためはずしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ギヤボックスは台車上部に出でいるツメでとまっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ツメをはずして、ギヤボックスをはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

台車内のウォームギヤが見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

拡大してみるとピニオンギヤに汚れ(ホコリやゴミ)が付着しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォームギヤにも汚れが付着しています。

これではギヤがスムーズに回転するハズがありません。

クリックすると元のサイズで表示します

非カプラー側の車輪をはずします。
逆側からでも良いのですが、非カプラー側車輪がはずれれば、次ぎにウォームギヤをはずせるからです。

台車を指で広げながら車輪をはずすワケですが、力加減がむずかしく、無理をすれば損傷してしまいますし、初心者の方にはオススメできません。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォームギヤ、カプラー側車輪、集電板の順に分解していきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォームギヤボックス内の汚れを掃除します。
ベビー綿棒にTOMIXのレールクリーナーをつけてふき取るのが良いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ピニオンギヤの掃除は、小型ヘッドの幼児用歯ブラシを使うと便利です。
歯の間に付着したゴミ・ホコリなどをかき出します。

歯ブラシは使い古しではなく、新品のほうがよりよく汚れをかき出せます。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォームギヤの汚れも歯ブラシで掃除します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで注意したいのが、小さなリング状の軸受部品です。
簡単にはずれてしまうので、なくさないよう注意が必要です。

筆者はこれを床に落としてしまい、捜索に1時間もかかってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

車輪は、タイヤ踏面、フランジ、ピボット軸をTOMIXレールクリーナーで掃除します。
車軸も汚れているようでしたら、同様に掃除しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

集電板は、軸受内部が汚れている場合が多々あります。

クリックすると元のサイズで表示します

先をとがらせるようにカット加工したベビー綿棒にTOMIXレールクリーナーをつけて、軸受内部をグリグリ掃除します。

クリックすると元のサイズで表示します

各部の掃除が終わったら組み立てです。
まずは、集電板を台車に組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

台車を指で広げながらカプラー側車輪を組み込みます。
これまた力加減が難しく、なかなかはまりません。

メーカーの工場ではどうやって台車を組み立てているんでしょ?
とっても不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでウォームギヤを組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて非カプラー側車輪を組み込みます。
これまた力加減が難しいコト…(;^_^A
ゴムタイヤの向きに注意です。
分解せずにおいた、もう片方の台車を見本にします。

車輪組み込みは、ヘタをすると反動で部品が飛んで行ってしまいます…(+。+)

クリックすると元のサイズで表示します

車輪の組み込みができたら机の上で転がして、スムーズに動くがテストします。
動きが重かったり、ひっかかるようでしたら組み立ての具合を再チェックです。

クリックすると元のサイズで表示します

転がしテストがOKだったら、ウォームギヤにKATOユニクリーンオイルを一滴差しておきます。

ホームセンターなどで売っている「シリコンオイル」でもOKです。
と言うか、ユニクリーンオイルって、シリコンオイルなんなですけどね(^^;

※クレCRC556はプラスチックやゴムを侵すので鉄道模型、とくに樹脂部品の多いNゲージ製品には使えません。

クリックすると元のサイズで表示します

ピニオンギヤボックスを組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

台車上部に出でいる集電板上部をTOMIXレールクリーナーで掃除します。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーをもどし、シャフトを差し込みます。
そして、シャフトを指で回して、車輪が回転することを確認すると同時に、ウォームギヤに差したユニクリーンオイルをピニオンギヤにも行き渡らせます。

クリックすると元のサイズで表示します

モーター側軸受にユニクリーンオイルを極少量差します。

もしかすると、この軸受けはオイルレスメタルかも知れませんが、一応注油してみました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

床板側集電板をTOMIXレールクリーナーで掃除します。

クリックすると元のサイズで表示します

シャフトをモーター側受け口に差し込みながら台車を組み込みます。

このシャフト受け口にも注油してもよいかも知れません。

同様に、もう片方の台車も分解して掃除します。

クリックすると元のサイズで表示します

両方の台車の掃除と組み立てが終わったら、シャーシ走行テストをします。

クリックすると元のサイズで表示します

発進・停止・スロー…、スムーズに走ればOKです。

クリックすると元のサイズで表示します

床下機器をもどします。
向きに注意です。
と言っても、取り付け穴の形状の関係で、逆向きには付けられませんが…(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

車体を組み込んで作業終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に完成走行テストです。

ギクシャクすることなく、快調に走り出しました(^-^)


めでたし、めでたし♪



2013/5/5  21:09

投稿者:隠密

>夏風さん。
こちらこそご無沙汰です(^^)
動力台車の組み立て、集電板と車輪を組み合わせてから台車に組み込む方法もあるそうですが、いずれにせよ、慣れが必要のようです(^^;

2013/5/4  8:26

投稿者:夏風

おはようございます。
またまたすっかりご無沙汰してしまいました。

分解整備、ここまで細かく解説していただける場所はありませんでした。台車の分解の仕方、よくわかりました。今度挑戦してみます。昔の車両、たくさん控えています。

http://shinanokougentetudou.blog.ocn.ne.jp/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ