2012/11/1  22:40

懐かしのブルートレイン函南〜三島ごっこ  鉄道模型(情景特撮)

先日特集した「懐かしのブルートレイン」は、あいまいな記憶のまま撮影・記事UPをしたため、いろいろ間違いや勘違いがありました。

そこで今回、追加撮影と再編集を行い、新たな記事といたしました。

どうぞ、お楽しみください。

設定は昭和53年10月の改正後まもなく。
背景画の富士山の冠雪状態から冬ということになりますので、昭和54年1月〜3月というところでしょうか…。

撮影場所は、函南〜三島タイプです(^^;

なお、前回撮影分と今回撮影分では、樹木の配置や照明の具合、架線柱の位置や線路際の様子が少々異なっています。

それでは、はじまり、はじまり〜(^-^)/



TOMIXのカント付きレールを活用して、さまざまな列車を再現する「カントリーカーブシリーズ」

今日は「懐かしのブルートレイン」です。

かつて、午前中に続々と東京に到着して来た「星の寝台特急ブルートレイン」

先日の鉄道の日イベントとして、東京〜早川で1日限りでブルトレが復活しましたが、ブルトレが「懐かしの…」の仲間入りをするなんて、ブルトレブームのころは想像もできませんでした。

筆者も若きころ、ブルトレを撮りに、比較的近い場所に(^^;)に行ったものです。
当時、学生だった筆者には京浜東北線で行ける範囲が定番で、大船以西、まして小田原〜熱海なんて年に一度行ければマシなほうでした。

もちろん、富士山とブルトレを撮るなんて、夢でした…。

あれから30年、今、Nゲージで夢の場面が再現できるようになりました。



クリックすると元のサイズで表示します

まず、戦陣を切ってやってくるのは、「出雲2号・紀伊」です。
熱海到着が4:41だったそうですので、ここを通過するのは夜明け前です。
しかし、それでは写真になりませんので、少し日の出を早くしました(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

この列車、早朝すぎて筆者は見たことがありません(^^;
ネットで調べましたが、ヘッドマークが付いていたと言う情報と、付いていなかったと言う情報の両方があり、実際はどうだったのか…???
とりあえず、写真ではマークなしにしました(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

つづいて通過するのは「出雲4号」です。
出雲2号は14系でしたが、4号は24系25型でした。

熱海到着が5:30だったそうで、冬なら日の出前です。
これまた、写真の都合で日の出を早くしました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

このPF、KATOのブルトレセットの機関車(旧製品)です。
スノープロウは無視してください(^^;
もしくは、新鶴見機関区の機関車が代打を務めているとか…(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

つづいて通過するのは「瀬戸」です。
熱海到着が5:54だったそうですので、やはり夜明け前(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

これまた写真の都合で日の出を早くしました(;^_^A


クリックすると元のサイズで表示します

つづいて通過するのは下関〜東京を結ぶ「あさかぜ2号」です。
だいぶ明るくなってきました(^^;
熱海は通過だったそうですが、だいたい6:00ころに通過したと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和53年10月の改正から、列車名の番号が、下り奇数・上り偶数となりました。
当初は迷いましたが、今では当たり前のコトになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

超早朝の列車が通過し、少し経ってやって来たのが「銀河」です。
熱海到着が7:26だったそうなので、もう明るい時間帯です。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和53年10月の改正で機関車がEF58からEF65PFにバトンタッチしました。

クリックすると元のサイズで表示します

EF58時代の再現。

クリックすると元のサイズで表示します

宮原機関区のゴハチが担当していました。


クリックすると元のサイズで表示します

定期の「銀河」を追いかけてくるのは、季節臨の「銀河52号」です。
大阪〜品川を結んでいました。
客車は寝台車なしの14系座席。

クリックすると元のサイズで表示します

簡易リクライニングシートの14系で夜行というのは少々キツかったでしょうね(^^;
でも、旧客時代、スハ43の直角に近い背ズリよりかはマシでしょうか…(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

つづいての通過は博多〜東京を結んでいた「あさかぜ4号」です。
東京のブルトレとしては最後まで20系で残りましたが、昭和53年2月に24系25系化されました。

クリックすると元のサイズで表示します

熱海到着は7:59だったそうで、横浜駅で「銀河」を追い抜いていました。


クリックすると元のサイズで表示します

つづいての通過は、季節臨の「あさかぜ52号」です。
熱海到着が8:33だったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和53年2月に東京のブルトレから20系の定期特急列車がなくなりましたが、その後、臨時の「あさかぜ」に20系が使用され、注目を浴びました。

しかし、寄せ集めの客車だったため、カニ(カヤ?)21のバックサインが無地だったり、東京寄り緩急車がナハネフ23だったりしました。

それはそれでオモシロかったですけど…(^^;


クリックすると元のサイズで表示します

つづいての通過は「富士」です。
富士山バックと言えば、この列車ですよね〜♪
熱海到着が8:38だったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては東京〜西鹿児島を日豊本線経由で結ぶ、日本一の長距離列車でしたが、昭和55年の改正で東京〜宮崎に短縮され、日本一の座を「はやぶさ」にゆずりました。


クリックすると元のサイズで表示します

つづいての通過は「はやぶさ」です。
西鹿児島〜東京を鹿児島本線経由で結んでいました。
熱海は通過だったそうですが、おおよそ9:00ころの通過だったと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

現在、「はやぶさ」と言うと東北新幹線か小惑星探査衛星を思い浮かべますが、このころに「はやぶさ」と言えばブルートレインでした。


クリックすると元のサイズで表示します

つづいての通過は「みずほ」です。
熱海到着が9:35だったそうです。
午前中の遅い時間に東京到着だったため、朝が苦手な筆者にも楽々撮影できました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

「みずほ」のヘッドマークは色が薄く、当時、写真に撮るのが難しかった思い出があります。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、しんがりを務めるのが「さくら」です。
熱海到着が10:00だったそうで、東京に着くとお昼近くでした。

クリックすると元のサイズで表示します

EF65が担当していた区間の「さくら」には二種類のヘッドマークがありました。
「花が白」と「花がピンク」があり、筆者は後者が大好きでした(^^)

現在、「さくら」も「みずほ」も九州新幹線に名称が引き継がれています。

残る元ブルトレの名称は「富士」「あさかぜ」「銀河」ですが、もしかして中央リニア新幹線に引き継がれたりして…(;^_^A



さて、ここでちょっと番外編です。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和60年3月の改正で「富士」「はやぶさ」にロビーカーが連結されることになりましたが、EF65ではけん引定数を超えてしまうため、さらに強力なEF66に白羽の矢が立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

もともと特急貨物用として誕生したEF66ですが、そのデザインはブルートレインともマッチし、最後までブルートレインの顔として活躍しました。


クリックすると元のサイズで表示します

ヘッドマークなしで24系25型…

クリックすると元のサイズで表示します

EF65F型です。

ネットでEF65について調べていたところ、昭和60年か61年の夏に上り「富士」に513号機が代打を務めたことがあったと言う情報を知りました。
写真も載っていましたので間違いありません。

代打ですので、ヘッドマークなしだったそうですが、その日の下りは、再び513号機が担当し、EF66用のヘッドマークを掲出したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、上りもヘッドマークを付けていたらこんな感じだったんでしょうね(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

513号機にとって、最初で最後の「富士」けん引だったかも知れませんね。


さて、一気に掲載した「懐かしのブルートレイン函南〜三島ごっこ」

いかかでしたしょうか。

この函南〜三島の有名撮影場所は、昭和59年に友人にくっついて出かけましたが、迷ってしまい、たどり着いた適当な場所で撮影しました。

そのときの「夢」がNゲージでかないました。
しかも事務机の上で展開する「卓上レイアウト」で…(^^)

これがHOだったら、2倍以上の面積と、10倍以上の車両費用がかかります(^^;

と言うわけで、めでたし、めでたし♪



2012/11/5  22:25

投稿者:隠密

>あさかぜさん。
追記です。
いろいろ調べてみましたが、どうやら53.10改正以降も「銀河51号・52号」はゴハチだったようです(;^_^A
そのうち撮り直さないと…(;^_^A

2012/11/5  22:13

投稿者:隠密

>あさかぜさん。
ありがとうございます。
ブルトレはちょっと気合いが入っちゃいました(^^;
今のN製品は本当に細密にできていますよね。
これが30年前のKATOのEF65だったら首ふりスカートで、カントリーカーブなんかで撮影したら、幻滅ですね(^^;

「出雲・紀伊」は実物を見たことがないので、ネットで調べてPFにしましたが、前身の「紀伊・いなば」を浜松のゴハチが担当していたコトを考えると「出雲・紀伊」も当初はゴハチだったかも知れませんね。
「銀河」については、自分で撮影した映像記録がありますので、53.10改正でPFに交代したことは間違いナイはずです。
でも、しばらくはゴハチと混在していたかも知れませんね。

2012/11/5  18:42

投稿者:あさかぜ

いつも楽しく拝見しています。 富士山をバックに上京する青い流れ星! たっぷりと楽しませていただきました。 ロクゴP形牽引の20系「あさかぜ」なんて まるでポスター写真だと思います。
昭和50年代初め半のブルトレ全盛期を身近で見る幸運に恵まれましたが 当時の小学生には撮影はハードルが高く いまだに心残りです。
最近のNゲージはこれだけアップしてもリアルですから 隠密さんの楽しみ方は とても参考になります。
追伸: 細かい突っ込みで すみませんが 53.10の当時、「出雲2号・紀伊」と「銀河」はまだゴハチの牽引でした。 ロクゴPFへの置き換えは1年ほど後だったと思います。

2012/11/5  17:51

投稿者:なにわ

色々突っ込んですいません。
さらに突っ込むと、日の出を早くしなくても4時20分頃なら、6月なら夜もあけているでしょうから日の出を早くしなくても大丈夫ですよ。

http://9mmandplarail.blog27.fc2.com/

2012/11/3  21:38

投稿者:隠密

>たくみさん。
「みずほ」のマーク、急きょ購入しました。
そうしたら、部品箱の奥から以前購入していた「みずほ」が出てきて…(T.T)

2012/11/3  7:38

投稿者:たくみ

おお、みずほのヘッドマークあったんですね

2012/11/1  23:04

投稿者:隠密

>シンケミさん。
富士山背景は、隠密にとって、ちょっと特別です。
模型とは言え、極端なお遊びは控えようと思っています(^^;

と言いつつ、E257系賛成です(^^;
ならば383系も(^-^)/

カシオペアとかトワイライトは持っていないのでできませんが…(^^;

時代をさかのぼって旧客というのも楽しいかも知れません(^^)

2012/11/1  23:00

投稿者:隠密

>シンケミさん。
さっそくありがとうございます。
「朝焼け」は計画どおり、バッチリ決まりましたd(^-^)
「あさかぜ2号」の場面はもう少し暗くしてもよかったかも知れませんね(^^;

こうして自分で記事を見ていても「卓上式お座敷レイアウト」と言うことを忘れそうです(^^;

ブルトレ…、青春の思い出ですね(^^)

2012/11/1  22:57

投稿者:シンケミ

度々失礼します
この景色
せっかく「模型の世界」なので
「東海道の列車」にこだわらずに
いろんな列車で試してみても楽しそうですね

E257系なんて映えるかもしれませんし
ステンレスの「カシオペア」や
緑色の「トワイライト」なんかも合いそうです

あくまでも「お遊び」としてですが
長野の115系やリンゴ電車なんかも合いそうです

2012/11/1  22:54

投稿者:シンケミ

隠密さん
素晴らしいです!
「日の出を早くしました」という
ユーモラスなコメントと朝焼けの富士山
ヘッドライトをともして
力強くやってくるブルートレイン
夜明けの空が刻一刻と変化する中
次々にやってくる列車は
なんふだか自分がその場で
在りし日の寝台特急群を撮影しているような
臨場感を覚えました

それにしても
ブルトレ全盛時代に
今のデジカメがあったら
撮影してみたかったです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ