2017/4/11  22:00

満月  情景・風景

4月11日は満月でした。

しかし、この日は朝から雨、風も強く、しかも冬のような寒さとなり、お月見は絶望視していましたが、夜になり、雨が上がり、ものすごい速さで雲が流れていました。

しばしねばって、雲の切れ間から顔を出した満月をキャッチすることができました〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

前日は明るくキレイな月だったのですが、このところ、満月の日になると天候が悪くなるような…。

来月こそはキレイな満月を拝みたいですね(^^)
タグ: 田舎

2017/4/4  22:00

上弦の月  情景・風景

4月4日は「上弦の月」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、南の空にキレイな半分の月が出ていました。

最近、天候が悪く、月を観察できない日が多々ありましたが、ようやく天気が良くなり、月を拝めるようになりました。

しかし、春霞や花粉で空気がよどんでいて、どことなく輪郭がハッキリしませんが…(;^_^A
タグ: 田舎

2017/2/11  23:00

残念な満月  情景・風景

2月11日は満月でした。

東の山から昇ってきたときは晴れていて、キレイに見えていたのですが、時間とともに雲が出てきて…(-_-#)

クリックすると元のサイズで表示します

やっと仕事を終えて、カメラを向けた時には雪が降ってきて、こんな状態にしか撮ることができませんでした。

残念…、また来月…。
タグ: 田舎

2017/2/4  23:00

立春・上弦の月  情景・風景

2月4日は「立春」でした。

そして「上弦の月」でもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中、東の空に昇ってきた月。
空気の層が厚いため、どことなくぼやけて見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして夜、月が南西のほぼ頭上に来たところで撮影。
なんか、「下弦の月」みたいです…(;^_^A

そして、やはり月は夜に撮った方がキレイですね(^^)
タグ: 田舎

2017/1/29  21:00

小田切鉄道模型展示館付近は絶景  長野市の情景・観光

それは、大雪の後の「大雪一過」の日。

善光寺平は久しぶりに雲ひとつない、真っ青な空に包まれていました。

ところが、ふと東の方角を見ると、ヘンな雲が出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

まわりには一切雲がない快晴なのに、なぜあそこだけ???

ん〜、・・・・
あ、もしや!!

というワケで、標高の高い場所に行ってみることに…

クリックすると元のサイズで表示します

やってきました、小田切鉄道模型展示館。
ここの標高は735m。

平日でしたので閉館していますが…(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道模型館すぐ近くで東を見ると、先ほどの不自然な雲が確認できました。

クリックすると元のサイズで表示します

予想的中♪
「浅間山」の噴煙でした。

善光寺平から浅間山はけっこうな距離があり、条件がよくないと見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は空気が澄んでいたため、こんなに良く山と噴煙が観察できたというワケです。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、模型館から南側のひらけたところに行くと…
根子岳(ねこだけ)と浅間山(あさまやま)と善光寺平が一望です。

クリックすると元のサイズで表示します

根子岳は須坂市の山で、すぐ後ろには上信国境の「四阿山(あずまやさん)」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

浅間山と善光寺平。
まさか、小田切鉄道模型館近くでこのような風景が撮影できるとは思ってもいませんでした。

眼下の善光寺平は川中島付近です。

北陸新幹線は手前の山の陰ですので見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

小田切鉄道模型展示館付近は西を見れば北アルプスを眺望できます。

クリックすると元のサイズで表示します

標高3180mの槍ヶ岳が見えます。
槍ヶ岳は日本で5番目に高い山です。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、小田切鉄道模型展示館から少し標高の低い国見集落から西を見ると…

クリックすると元のサイズで表示します

戸隠連峰がクッキリ♪

クリックすると元のサイズで表示します

とがったカタチの高妻山。

クリックすると元のサイズで表示します

右側は飯縄山。

小田切鉄道模型展示館のある山は、東西南北、いずれの眺望もスバラシイところなのです。

展示館のある場所よりもさらに標高の高い集落では富士山が見えるところもあるそうですが、もっともっと天候条件が良くないと見えないそうです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

県道の脇に廃道となった通学路が…

この地域(旧小田切村、昭和31年長野市に編入合併)は、平成になって間もなく、小中学校が閉校になっており、通学路も廃道となったワケです。

今、この地域は「限界集落」で、超高齢化が進んでいます。
小学生もかなり少なくなり、小学生を対象にしたスクールバス(アルピコ交通が運行)も平成28年に廃止になったそうです。

小田切鉄道模型展示館は、地域振興を目的として設置されました。
この季節、寒く、雪もありますが、風景はサイコーです。

今度の土曜日は小田切鉄道模型展示館へ出かけてみてはいかがでしょうか(^^)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ