2009/9/7

魚竜の背ビレを破壊せよっ!  MHF日記(HR31〜)

狩猟報告書/HR61


入魂祭であるにもかかわらず
ソロで魚竜種と闘っていた。
獲物は上位ドスガレオスである。

クリックすると元のサイズで表示します

剣士用防具を完成させるべく
上位ドスガレオスとソロで闘い始めた。
狙いの素材は「砂竜の桃ヒレ」である。
無論、1回の死亡でも恥ずかしいくらい
余裕を持って討伐可能なモンスターである。


武器は先日完成した白薙猿【ドドド】を持ち
シュモクザメに似たこのモンスターの
部位破壊&捕獲を繰り返した。


ドスガレオスの部位破壊といえば
背ビレになるわけだが、腹下からでも
ダメージが加算されるため楽に破壊できた。


ドスガレオスの動きを見極めつつ
尻尾のぶん回しを足元でやりすごし
縦斬り&斬り上げでHitさせていると
背ビレがボロボロになり、部位破壊達成となる。


装備していた武器が少々強かったこともあり
うっかり討伐してしまったこともあったが
よくある事だと自分を納得させている。


そうして集めた素材を使い、防具を強化し
現在、雷電が装備している剣士用防具は
以下の通りである。


ハイメタUヘルム
ガノスSメイル
タロスUアーム
ガレオスSフォールド
タロスUグリーヴ
怪力珠×4、研磨珠×4、強精珠×1

発動スキルは
高級耳栓/ランナー/体力回復アイテム強化
攻撃力UP【大】/砥石使用高速化


強いとも弱いとも言えないが
それなりの防具であると感じる。
剛力珠を使わずに済むのがポイント。
バケツマンと言われようともかまわんのだ。


他の魚竜種「水竜」ことガノトトスは
ライトボウガンで闘った。

クリックすると元のサイズで表示します

何度も水中に逃げるガノトトスは
ガンナーの方が効率的だと感じたからだ。
言うまでもなく背ビレの部位破壊も容易だった。


繚乱の対弩を装備した私にとって
上位ガノトトスは恐れる敵ではない。
雷電の一方的な攻撃であった。


ところが、武器指定のクエストにおいて
ランスで倒せと言われるとまた強敵になる。
武器が変わるだけでこうも違うのかと
慣れない武器に四苦八苦した。



さて、防具の話に戻るが
上記の装備を作成するまで愛用していた
イーオス防具一式が倉庫に眠っている。


作成したタロスUグリーヴの代わりに
イーオス防具足をイーオスSに強化して
旅人珠を4個(武器スロット使用)を装備すると
また異なるスキルが発動する。


対テオ・テスカトルやナナ・テスカトリとしては
地形ダメージ【大】が発動できると良い。
炎を纏った古龍と闘うのは、かなり厳しい。


ランナーのスキルが消えたり
攻撃力UP【中】になっても
あのジワジワと体力を削られる炎から
雷電の身を守ることを優先させたいところだ。


足防具を交換するだけで心強いスキルが発動し
イーオス装備はすでに持っているという利点もある。


現在金欠状態の雷電にとっては非常に嬉しい。
私のような太刀使いのハンターさんは
選択肢のひとつに入れていただければと思う。



剣士用防具が完成した後は
猟団の方々と入魂を目的としてクエストを消化し
雷電のHRも60を突破した。個人の入魂数も
300を超えたようである。


それにしても狩人祭というのは
良くできたシステムだなと感心する。
モンスター狩猟数=ポイント=褒賞なのである。


猟団毎にランダムに紅竜組、蒼竜組に分けられ
1週間かけて勝敗を争うのだから気合もはいる。
ちなみに私は紅組となっている。


狩猟モンスター毎に入魂数は設定されているが
時間限定でシークレットクエストが設定されており
通常の3倍程の入魂数を得られることもある。
それを見つけるのも楽しみのひとつなのだろう。


入魂数を稼ぐついでに、PTでモンスターに挑戦し
モンスターの動きを学習中の雷電だが
いずれソロで挑戦するモンスターなのだから
PTにご一緒させてもらえる機会があるうちに
私の脳に記憶させておいて損はないだろう。


まだまだ苦手モンスターが多数いる。
当面の目標としてはソロで古龍討伐をしたい。
下位テオと下位ナナを倒せるように
日々精進しようと思う。


雷電のHRが60を超えても
操作する人間が入門区なのだ。
上級ハンターへの道は長いのである。


それでは皆様
Have a nice hunting day (´∀`)b
2
タグ: MHF



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ