2009/2/27

長安黙示録 第4話  ニョロ現代

-第4話- 「兎」



小七は軒下から走り出した。


南門へ向かう途中
ゴスッという鈍い音を聞いたが
振り向かずに王牛を目指した。


鼠の名を持つ小七にとって
長安の街は狭すぎる。
南門階段へはすぐに到着した。


「なぜあいつがこの街にいるんだ」


考えても分からなかった。
あの事件以来、会うことのなかった仲間が
今この街にいる。それだけが事実であった。


階段下から門の上を見上げると
牛だけかと思っていた人影は
2つに増えていた。


「珊珊?」




門の上から黒服を眺める王牛は
肩に担いでいた珊珊をそっと降ろした。


「滑るから気をつけろぉ」
「あ・・・ありがとう」


高い位置から街を見下ろすと
黒服達の人数がざっと把握できた。
1分隊の規模で兵士が展開している。


「肉まんより多いなぁ」
またヘラヘラ笑っている王牛を見て
珊珊の緊張も若干ほぐれてきた。


「ねぇ。あいつらは何?」
王牛は答えない。笑っている。


「あんた知ってるんでしょぉ?!」
王牛の雨に濡れた背中が
ぺチンと叩かれたその瞬間
また珊珊の足がふわりと宙に浮いた。




小七は珊珊を抱え、王牛から距離をとった。
彼の戦闘能力を知っている小七は
かつての仲間であっても油断しなかった。
もしも、敵であったら・・・と。


「久しぶりだね。牛」
王牛の細長い目が大きく見開いた。
「ね・・・鼠っ?!」
驚きを隠せない王牛に小七はそっと答えた。


「鼠と呼ばれるのも久しぶりだ。」
数年ぶりに呼ばれたその名は
かつての仲間以外は知るはずもない。
小七の知る牛に間違いなかった。
敵意もなさそうである。


「それより何故おまえがここに?」
珊珊を自分の後ろに立たせると
小七は王牛をまっすぐ見据えた。


「連絡こなかったのか?」
王牛は不思議そうな顔をしている。


「何のことだ?」
小七はいつもと変わらぬ生活をしており
連絡なんて受けていなかった。


「なーんだ。知らねぇのかぁ」
王牛はモゾモゾとカバンの中を物色し
大きな手で何かを掴んで取り出した。


「ほれ。これが俺のとこに」
耳を持たれてジタバタしているその動物は
「兎」と書かれたバンダナを首に巻いている。


小七はこの動物に見覚えがあった。
彼女が連絡用に使っていたペットだ。
バンダナに書かれた「兎」は
言うまでもなく彼女のコードネームである。


見た目は耳が長くて可愛い動物なのだが
運んでくる手紙は・・・
地獄への招待状であった。


「召集か・・・」


二人のやり取りを
不思議そうに聞いていた珊珊が
恋人の背中をじっと見つめていたその時


噴水の方で叫び声と共に
黒服が数人、宙を舞った。
まるで黒い花火のように。


「ん?・・・」


-第4話- 完


「ニョロ現代」2月27日号掲載
著者:谷野伯爵
0



2009/3/5  0:14

投稿者:イヴォンヌ

>かきくけこさん
普段書いてる記事が日記みたいな感じで
たまにはこういう文章もいいでしょ?
なんとか完結させたいです〜。

>翠さん
小七さん貧しいくせにねぇ〜
まぁそれは後々イロイロとモニョモニョ・・・
ちなみにウサギの色は標準の白と
ブチ以外にも・・・フフフw

2009/3/2  3:47

投稿者:翠

珊珊の恋人…恋人ぉぉぉ!?
うおー、なんだよ小七っ
押さえるとこは押さえてるんじゃねぇかw


連絡ウサギかわえぇね…白ですかブチですか(*´Д`*)

2009/3/1  20:04

投稿者:かきくけこ

こんな、小説みたいな文章を次々に生み出せるってすごいですね(@_@) 尊敬です!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ