中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、井上道義、手塚幸紀、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、角田鋼亮、川瀬賢太郎の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、『ディドとエネアス』(2プロダクション)、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』を指揮。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベツヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。現在、“名古屋大学グリーンハーモニー”ヴォイストレーナー兼客演指揮者、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、コーラスグループ“CoCoRoniココロニ”監修・編曲を務める。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
cioroさんへ

イタリア式の綴りに変更されたのは
「カンツォーネクラス」の影響でしょうか?(笑)

今回のような大規模な演奏会というものには
たくさんの方々の「想い」がありますね。
今回はその「想い」が本番で
お客様に上手く伝わったと自負しています。

合唱指揮者は
"コーロ ムジカヴィーヴァ"の皆さんと
いちばん長く一緒に過ごします。
音とりの段階から本番の最後まで
すべてを見ます。
ですから、本番ではとても感慨深くなります。
今回の演奏会は素晴らしかった。
このような演奏会に合唱指揮者として
立ち会えましたことを
とてもうれしく思います。
cioroさんに感謝!
皆様に感謝!

伊藤先生を慕い、
今回の演奏会に参加されたのですね。
素晴らしいことです。
是非とも「カンツォーネクラス」で
さらに声を磨いて頂いて、
次回の演奏会で是非「再会」しましょう!
投稿者:中村 貴志
Kaz.さんへ

コメント、ありがとうございます。

30日はお疲れ様でした。
皆さんの熱演で
とても素晴らしい演奏会になりました。
感動しました。
合唱指揮者冥利に尽きます。
心から感謝申し上げます。

Kaz.さんはほとんど暗譜されていたのですね。
素晴らしい!
でも、譜面をはずしたほうが
歌い易いですよね。
僕は基本的に暗譜派です。
立ち位置は残念でしたね。
でも、アルト側には
大きなオルガンがありましたので、
3列目あたりのほうが
かえって客席からは
よく見えたかもしれませんよ。

このブログを「お気に入り」に追加して下さり、
誠にありがとうございます!
今後もこのブログともども
よろしくお願い申し上げます!
投稿者:cioro
中村先生

ひとつの演奏会が、無事本番を終えるまでには、
多くの人の様々な想いが練りこまれていくものなんですね。

先生も、言葉には表せない、あるいはお立場上表には出せない想いをこの1年、持ち続けていらしたのだなと、ブログを通して感じました。

ムジカヴィーヴァ主宰の伊藤先生には、2002年の「コープ第九」を最後に、
ご指導いただく機会を持てなかったのですが、
「また教えていただきたい」という想いは絶えることなく持ち続けていたので、
今回の「再会」へつながりました。
待ち続けた甲斐のある演奏会の舞台に立てて、とても幸せでした。
本番翌日の昨日から「カンツォーネクラス」で、ご指導いただけることを「死守」しています。
(昨日から、あだなのchoro の表記をイタリア語のcioroに変更)

中村先生との「再会」は「コーロムジカヴィーヴァ演奏会vol.3」になりましょうか。
長生きして、腕、あ、いや声と感受性を磨いて、
また、あの本番前のダメだしを受けたいです。

ありがとうございました。
(ゲネの録音を聴きながら・・・)

投稿者:Kaz.
まず、モツレク有難うございました!私的にも満足な出来でした。9割がた暗譜、指揮棒から目をはずすこと僅かでした。唯一残念なのは立ち位置。短身なのになぜ3列目?
という疑問は残りました。前に長身の方!
プログラムで先生のブログURLを見つけ早速アクセス、「お気に入り」に追加。4/30の舞台写真がもう載っている早業にビックリ。打上げの写真までもが!そして詳しい記事楽しく拝読。これからもまた時折。KKobayashi
投稿者:中村 貴志
takaさんへ

お陰様で「コーロ ムジカヴィーヴァ演奏会vol.1」は
大盛況で、成功裡に終わりました。
vol.2は、来年のヘンデル没後250年に合わせて、
ヘンデルの『メサイア』全曲を取り上げます。
もちろん歌って下さる方、大歓迎ですよ!
音楽創作工房ムジカヴィーヴァのHPを
リンクしてありますので、
一度ご覧になって下さい。

次はボン公演です。
頑張ってきます!
投稿者:中村 貴志
i.o.さんへ

コメント、ありがとうございます。

昨日はお疲れ様でした!
i.o.さんに撮って頂いた写メを
早速使わせて頂きましたよ。
昨日は皆さんの熱演で
素晴らしい演奏会になりました。
合唱指揮者として関らせて頂けて、
本当に幸せでした。
また是非ご一緒致しましょう!
楽しみにしております!
投稿者:中村 貴志
Papagenaさんへ

コメント、ありがとうございます。

昨日はお疲れ様でした!
Papagenaさんはじめ、
皆さん達者ですね。
素晴らしい!
良い演奏会になりました。
打ち上げも楽しかった!

またご一緒しましょう!
投稿者:中村 貴志
スズメちゃんへ

(投稿者名を間違えたので、もう一度書き直します)

スズメちゃんにもカンパ〜イ!!!!!

昨日はお疲れ様でした。
素晴らしい演奏で感動しました!
打ち上げも楽しかったー!

出会いとは不思議ですね。
ちょっとしたことから
伊藤正先生と出会って、
ここまできたのですから!

"コーロ ムジカヴィーヴァ"にとって
僕はなくてはならない存在ですか!
とってもうれしいです。
次回の『メサイア』も
是非よろしくお願い申し上げます!

追伸
写真はすみませんでした。
どうしても畑先生とツーショットで
撮りたかったものですから。
ミーハーです(笑)。
投稿者:taka
演奏会大成功だったようですね(^^)、おめでとうございます。

ヘンデル祝250!なにかするというのは『メサイア』だったのですね。
それは団員でなくても参加できるのでしょうか?公募があるなら是非寄せてください。
国内終え、次は海外へ…どうぞ楽しまれてきてくださいp(^^)q。
投稿者:i.o.
昨日はお疲れさまでした。素敵な演奏会にコーラスで参加できて幸せでした。また私が撮らせて頂いたマエストロとのツーショットの早速の掲載、感激です。
またご一緒に音楽させていただく日を楽しみにしております。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ