中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者・合唱指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、テレマン室内オーケストラ、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、故手塚幸紀、井上道義、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、柴田真郁、田中祐子、角田鋼亮、川瀬賢太郎、石川星太郎、太田弦の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』『魔笛』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』『トゥーランドット』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、パーセル『ディドとエネアス』、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』、レオンカヴァッロ『道化師』、ペルゴレージ『奥様女中』を指揮した一方、日本人作曲家のオペラにも取り組んでいる。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベルヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。2019年はドイツのベルリン・フィルハーモニーで開催されたベルリンの壁崩壊・東西ドイツ統一30周年記念特別平和記念コンサートの合唱指導の一翼を担った。現在、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、大阪交響楽団専属の大阪響コーラス合唱指揮者。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
ハートマークさんへ

"Vox MEA"の公開録音にお越し下さいまして、誠にありがとうございました。"Vox MEA"のあの段階での力がすべて出たと思っていますが、まだまだです。しかし、これは中間報告みたいなものですので、次回の演奏会で取り上げる時を聴いて下さい!

ハートマークさんもこのモテットを歌うんですね〜♪ 素晴らしい演奏ができるよう、祈っています。
投稿者:中村 貴志
おゆき♪さんへ

遠路遥々わざわざお越し下さいまして、ありがとうございました。大変うれしく思います。『第九』とは違う僕の一面をご覧になれたのではないでしょうか。

おゆき♪さんには過分にお褒めを頂きましたが、まだまだの部分が多々あります。もちろん"Vox MEA"はレベルの高い合唱団に入るでしょうが、もっともっと良くなります。この公開録音は"Vox MEA"の中間発表的なものです。この公開録音で演奏した作品は次回の演奏会で取り上げる予定です。それまでにもっともっと高めていきます。是非その時もお越し下さい。

また、例のご友人をお連れ下さり、誠にありがとうございました。是非一歩を踏み出して、素晴らしき音楽の世界に羽ばたいてほしいと願っています。よろしくお伝え下さい。

追伸
DVDは観られませんでした…。
投稿者:(ハートoハート)
大変勉強になりました。
というかまたこの曲を歌うので必死に聴いていました、一石二鳥?(笑)
しかし、公開録音とはいえどんどん音楽が変わるのが流石だなと感じました、中村先生の指揮もとてもエネルギッシュで時に荒れ狂いそして静寂、祈り様々な要素が含まれるこの音楽の素晴らしさを改めて実感しました。
ありがとうございました。
投稿者:おゆき♪
追伸:DVDについて
もしデッキにて再生不可能の場合は恐れ入りますがコメントにて教えていただけないでしょうか。マズア氏の生き方や第九に対する想いに深く感動し、あの第九の演奏を皆様にお見せしたいと思っています。再生できない場合は他の手段を考えますし、先生にも他の形で改めてお渡ししたいので、何卒宜しくお願いいたします。
投稿者:おゆき♪
中村先生、混声合唱団Vox MEAの皆様こんにちは。歌が好きな知人に是非合唱の素晴らしさを知っていただこうと百聞は一見に如かずと申しますし、今回お誘いして一緒に見学させていただきました。
混声合唱団Vox MEAの皆様の高度なハーモニーは事前に拝聴させて頂いてましたが、生でしかも練習風景から見られるという事で、大変興味がありました。
思った通り、高い自主練習と求める音楽の高度さ、探究さから来る素晴らしいハーモニーは、まるで一人の男声、一人の女声が歌っているように聞こえる程、ハーモニー、響きが透き通って統一されていました。一見何も悪くないように聞こえるバッハさんの曲に、先生は次々指摘されましたが、それもひとつひとつがかなり高度な要求で、やりとりを1時間聴いて耳から煙が出るような心境でした(汗)しかし、その高度な要求にVox MEAさんは時にはそうきたか(笑)と笑みさえ浮かべながら次の瞬間には的確に表現されていて、あまりのレベルの違いに圧倒されっぱなしでした。いつもなら参加したい私は、見ているうちに自分も歌いたい!と思うはずなのですが、今回だけは住んでる世界が違いすぎて、先生とVox MEAさんが次々創造されるバッハの音楽の世界に、ただただ羨望のまなざしと、今の私は参加できないという疎外感を感じました。まず、この曲を選曲された時点でその志の高さが凄いです。そして頑強な宗教を思わせるバッハさんの音楽は私が最も遠く思える音楽でしたが、その内実の恐ろしさにますます遠く感じ、トラウマになりそうです(汗)
知人も、中村先生とVox MEAさんの凄さと素晴らしさを絶賛されていました。その後、バスが来るまで第九のお誘いをしました。あのバッハさんの音楽を聴いた後でしたので、同じドイツ語にかなり恐怖を感じておられましたが(汗)第九の楽譜と歌詞の意味をご説明すると、今は物理的に時間が合わないので、時間が合えば検討させていただきたいと仰られました。
今回の見学は、私にとって先生が音楽で何をされたいのか?というひとつの到達点を見た気がいたしました。それと共に、日本人でも頑張ればここまでできるんだという目標をVox MEAさんに見せていただきました。音楽も生き物です。もっと立体的に音楽の躍動感を表現できるように、私も今できることから始めようと思いました。素晴らしい刺激を頂きました!ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ