中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、井上道義、手塚幸紀、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、角田鋼亮、川瀬賢太郎の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、『ディドとエネアス』(2プロダクション)、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』を指揮。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベツヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。現在、“名古屋大学グリーンハーモニー”ヴォイストレーナー兼客演指揮者、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、コーラスグループ“CoCoRoniココロニ”監修・編曲を務める。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
まあちゃんへ

今年は秋がない…。
異常気象で、
日本の四季の美しさが
崩れつつありますね…。

昨年はドイツ、
今年はスイスのジュネーヴとイタリアを訪れ、
長期間かけてヨーロッパを回りたいと思う今日この頃。
投稿者:まあちゃん
中村先生へ

今年は、本当の秋がなくて、冬になるかもしれないそうです。ここ最近は、ずっと異常気象ですね。学生時代は、まだ両親のすねをかじることができたので、イタリア、ドイツ、オーストリア、プラハを回ることができました。全額の費用を両親出してもらうことは、甘えすぎなので自分がアルバイトで稼いだお金で足らない分は、両親にお願いしてだいしもらいました。
「歌舞伎」と「オペラ」ということで研究している自分でも楽しんで卒論を仕上げました。
本当に学生時代は、若さもエネルギーもたっぷりありますよね。
投稿者:中村 貴志
まあちゃんへ

また日中が暑くなりましたね。以上気象ですね。

卒論のテーマが「歌舞伎」と「オペラ」というのは面白いですね! イタリア、ドイツ、オーストリア、プラハと回られ、オペラ三昧でしたね。これだけ回られたら、かなりの費用がかかったことでしょう。
まあちゃんは学生時代に良い経験をされましたね。学生時代は時間もありますし、若さもエネルギーもありますからね(笑)。
投稿者:まあちゃん
中村先生へ

本当なら彼岸花が咲く頃には、本来の秋の訪れが来るようなのですが、今年は、異常気象により、残暑がまだまだ続くらしです。
卒論のテーマが同じ時代にできた「本場の歌舞伎」と「本場のオペラ」と言う卒論テーマにしたため、イタリアやドイツのプラハ国立オペラ座に「トスカ、Gプツチーニ」とウィーン国立オペラ座に「喋々夫人、Gプツチーニ」を鑑賞に行き、卒業論文作成をしました。卒業論文には、口頭試問もあり、本場のオペラについては、いろんな諮問が出されました。卒論ためだけにわざわざ海外まで行ってのではなく、一度、本場のオペラとは、どんなものなのかを知りたかったためもあったので。でも、卒論には、かなりのお金をかけて卒論を仕上げました。学生だったので海外に飛び立つ時間があったんだなあと今でも思っています。いつかは、また、海外にオペラ鑑賞の旅にでたいなあと思っているのですが中々実現ができないんです。
投稿者:中村 貴志
アリスさんへ

イタリアに限りませんが、どのオペラやコンサートでもドレスを着るのが当たり前ではありません。公演の格によって違ってきますし、席のランクでも違ってきます。時と場合によりけりです。
日本にはあまりしきたりがないので、浮かなければ、どんな格好でも良いんじゃないでしょうか。

是非イタリアに行ってみて下さい。
投稿者:アリス
イタリアでオペラを見るときは、ドレスを着るのが当たり前?

毎日違うドレスに着替えるので、スーツケースに詰めこむのが大変。と、むか〜しむかし大学の先生が言ってました。レンタルはないのかなぁ。

日本ではけオペラを見るとき、どんな格好をしていくのが望ましいのですか。

イタリアの建築物は、ロマンがいっぱいです。アーチが魅力的。ホント、アリスは言葉不足、知識無し。

はじめて御堂を覗いたアリスは、二歳レベル。二歳児と目を会わせ驚きを共感していました。

『アマルフィ』みました。写真もいいけど映画もまたよかったです。

次回は、動画のおみあげも、おねがいしま〜す。(^o^)/

ジェラート、食べた〜い。イタリア、生きた〜い。



投稿者:中村 貴志
まあちゃんへ

まあちゃんはヴェローナ野外音楽祭とカラカラ浴場でオペラを鑑賞された経験があるのですか! それも卒論のために! それはすごいですね!

ヨーロッパの夜の公演の開演時刻は遅いですね。皆、夕食を済ませてから行きますからね。それが文化の違いというものでしょうか。
投稿者:まあちゃん
中村先生へ

大学時代に卒論研究のために、イタリアのヴェローナ野外音楽祭で「ロミオとジュリエット」鑑賞とカラカラ浴場で野外オペラで「トスカ」を鑑賞をしました。日本の室内でオペラ鑑賞をするのと違い、月と星の下で鑑賞するオペラは、ロマンチックな世界にいるように思える。
日本と違い、始まる時間が21時からあり、終演が日付が変った2時だったので驚きましたが、時間を忘れて鑑賞をしていました。海外では、仕事を終えて、ディナーを終えた後でのオペラ鑑賞ができるのは、やはりいいなあと思いました。日本では、考えられないような時を過ごすことができますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ