中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、井上道義、手塚幸紀、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、角田鋼亮、川瀬賢太郎の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、『ディドとエネアス』(2プロダクション)、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』を指揮。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベツヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。現在、“名古屋大学グリーンハーモニー”ヴォイストレーナー兼客演指揮者、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、コーラスグループ“CoCoRoniココロニ”監修・編曲を務める。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
アリスさんへ

「ときめきの第九」でも積み重ねて練習していったことが本番で実りました。大阪シンフォニカーの団員と事務局からも賛辞を頂戴し、合唱指揮者としての責務をきちんと果たせました。大変素晴らしい体験をさせて頂きました。思い出に残る演奏会です。
まぁ、成功することは最初の練習の時にわかっていましたが(笑)。素晴らしい方々が集まってくれましたからね!

今年も「ときめきの第九」が開催されることを心から願っています。ここは次へのステップ・アップを狙える団体です。大いに楽しみにしています。
投稿者:アリス
DVD、写真届きました。嬉し〜い。

男性人の成長ぶりに感激。失礼な私です。はじめのうちは、中村先生、ピアニスト、必要ないよ。私でも十分じゃん。なんて思ってしまいました。そこを基礎から丁寧にご指導なさる先生に毎回ご対面。忍耐ですね。舞台の上の中村先生の笑顔をみてよかったぁ。無事本番が迎えられて
V(^-^)V
花束もらってる先生。寺岡さんの笑顔。感無量。ってこのことをいうんですね。長期にわたり心のこもった熱心なご指導ありがとうございました。

影のスタッフの方々にも感謝です。

打ち上げでは、私にマイクが、司会進行なんて若葉マークです。なんで私だったんだろう?最後にはソリストさんたちまでお手伝い。ありがとうございました。
色々経験させてもらえて楽しめました。ビンゴのガラガラ面白〜い。でも最初は、使い方わからなかったよ。

オーケストラのアップ!
堺の第9からの成長ぶりすごいです。オケの響きがそろってきて?なんだかとっても気持ちよかったです。

次回は開催されるのかしら?
去年は先生がお誘い下さったお陰で色々経験出来てよかったです。今年はどんな第9になるんでしょう。楽しみにしています。
投稿者:中村 貴志
ゆみちんさんへ

お待たせ致しました。やっと記事を更新することができました(笑)。

「ときめきの第九」、大変お疲れ様でした。そして、素晴らしい音楽、大きな感動をありがとうございました!

私的な大仕事、体調が悪いことを乗り越え、本番のステージにゆみちんさんが立てたことをうれしく思います。まさにこれこそ『歓喜の歌』ではないでしょうか! 感動も一入だったことでしょう。

来年も是非お会いしましょう! 来年も大いなる感動を目指して音楽しましょう! 心から楽しみにしております!

ゆみちんさん、体調はいかがでしょうか? 復活されて、良いお年をお迎え下さることを心から願っております。
2010年がますます良き年になりますように。
投稿者:ゆみちん牡羊座
先生、記事をアップして下さってありがとうございます!
私はウン十年前にコーラス部に入っていただけで、第九は歌ったことがありませんでした。
昨年、初めて友達の「ときめきの第九」を聞き、今年は初参加をしましたが、今年は私的な大仕事があり体調を長く崩してしまい最後まで舞台で歌えるのか心配しました。

そして緊張の中、本番を迎え、私はステージで最高の感動を覚えました。あんなに興奮したのは、何年ぶりでしょう?

私がソプラノの高音域に苦しんでいた時、いつも中村先生は励まして下さいました。中村先生は、これまでのことを振り返って出会いの幸運さを言われていますが、それはまさしくお人柄の賜物だと思います。
先生、本当にお疲れさまでした。私はこれまで出せると思えなかった音域に手が届くようになりました。是非来年も中村先生の指導が受けられるように希望します。
先生にとって来年がますます素敵な年になりますように!良いお年をお迎えください。
投稿者:中村 貴志
まあちゃんへ

感動的だった本番、楽しかった打ち上げ。こちらこそありがとうございました!

まあちゃん、まだまだこれからですよ! 芸術というのは没入すれば没入するほど、深まっていくのです。すごい作品は1度や2度ではつかみきれません。だから、回数を重ねることが大事です。是非来年も「ときめきの第九」が開催されることを願っています。来年も『歓喜の歌』を高らかに歌いましょう!

体調を崩されたとのこと。お大事にして下さい。
投稿者:中村 貴志
美月さんへ

今回の「ときめきの第九」にも音楽の初心者がかなりおられました。その方々は大変努力されました。それによって舞台で大きな感動を得ることができたのです。
初めて取り組むということで不安もあろうかと思います。何事もそうですが、気持ちが大切です。第一歩を踏み出す勇気、やり遂げようという気力。

美月さん、大いなる感動のために来年第一歩を踏み出しましょう!
投稿者:まあちゃん
中村先生へ

こちらこそ「ときめき第九合唱団」のご指導から本番までいろいろお世話になりました。公演後の打ち上げや二次会までお付き合い頂きたいありがとうございました。お礼申し上げます。私の知人達から「ときめきの第九合唱団」の全体のできは、「よかったよ」と言われたましたが、私自信の歌い方について辛いコメントを頂きたいました。 やはり、自宅練習が甘かったと真の音楽性が身についていないなぁと思いました。来年は、中村先生の個人レッスン特訓を受けて、今年の辛いコメントをばんかいしたいと思っております。
音楽の輪を広げていけるように頑張っていきたいと思っています。本番が終り気が抜けたのか、体調不良を起こしてしまいました。改めて、気持ちの緩みは、ダメだなと感じました。中村先生は、本番続きで、大変と思いますが、体調管理には、気をつけてくださいね。来年も大和高田にお越し頂けるように頑張りますねぇ。
投稿者:美月
歌ってみたいです。音楽は初心者ですが、参加してもいいですか?練習についていけるか、少し不安です。
投稿者:中村 貴志
美月さんへ

「ときめきの第九」にお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

マエストロ寺岡さんが熱かった! それに導かれて、第4楽章の『歓喜の歌』を合唱は高らかに歌い上げました。素晴らしい合唱を客席に届けてくれました。

美月さん、来年は是非一緒に歌いましょう! 舞台の上で感動を分かち合いましょう。
投稿者:美月
23日見に行かせていただきました。前の方で見ました。とても迫力があり、すばらしく感動しました。中村先生、寺岡先生も素敵な方でした。来年も楽しみにしています。感動をありがとうございました。私もいつか是非参加してみたいです。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ