中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者・合唱指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、テレマン室内オーケストラ、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、故手塚幸紀、井上道義、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、柴田真郁、田中祐子、角田鋼亮、川瀬賢太郎、石川星太郎、太田弦の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』『魔笛』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』『トゥーランドット』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、パーセル『ディドとエネアス』、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』、レオンカヴァッロ『道化師』、ペルゴレージ『奥様女中』を指揮した一方、日本人作曲家のオペラにも取り組んでいる。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベルヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。2019年はドイツのベルリン・フィルハーモニーで開催されたベルリンの壁崩壊・東西ドイツ統一30周年記念特別平和記念コンサートの合唱指導の一翼を担った。現在、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、大阪交響楽団専属の大阪響コーラス合唱指揮者。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
Michael Kさんへ

「悠久の第九」の一家でご参加下さり、
誠にありがとうございました。

素晴らしい『第九』でした。マエストロ小松長生さんには音楽監督そして最後の「悠久の第九」を有終の美で飾ってほしいと強く願っていましたが、その念願がかない、僕は心からうれしく思います。

約20年ぶりに『第九』を歌われたということですが、合唱は続けられており、また成長されたからこそ、音楽が明確に聴こえるようになり、一層『第九』への理解を深められたのです。「継続は力なり」。素晴らしい「合唱の継続」をされている証拠ですね。今後も継続して下さい!
今後もよろしくお願い申し上げます!
投稿者:Michael K
第九が終わってから2日が経ちます。今日は大分治まってきましたが、まだ、頭の中で当演奏会での音楽が鳴り続けている、不思議で心地よい残余感が残っております。合唱暦は長いのですが、実は約20年ぶりの第九参加でした。演奏中は、弦や管の1音1音が明確に耳に届いてきて、かつ、その音が表現したいことも良く分かってしまう、今までに無い感覚がありました。何度も聴いているはずの第九ですが、「ああ、こんな音楽だったんだ」と一段深く理解できたような気がします。「第九」の魅力を再認識しました。また『第九』を通して家族がひとつになる・・・というテーマも・・・そうですね!是非継続していきたく思います。
投稿者:中村 貴志
し〜らかんす sop.さんへ

「悠久の第九」にご参加下さり、
誠にありがとうございました。

マエストロ小松長生さんは熱い情熱を持ち、グッと惹きつけるオーラを持っていらっしゃいます。とくにこの「悠久の第九」には、セントラル愛知交響楽団との集大成として今まで以上の力を注いでおられ、いつもよりも燃え上がり、素晴らしく感動的な音楽を引き出しました。今年の悠久の第九合唱団はそれに応えました。素晴らしいの一言です。合唱指揮としてこのような感動の瞬間に立ち会えたことを非常に幸せに思っています。

本番前は色々大変だったようですが、本番ではいつもよりのびのびと歌えたようで良かったですね。しかし、真の喜びは苦悩の後にあるもの。し〜らかんす sop.さんは本番当日にそれを身をもって体験されたのですね(笑)。

今度お会いした時に自己紹介して下さい!
お会いできるのを楽しみにしています!
投稿者:中村 貴志
k.ゆみさんへ

「悠久の第九」に一家でご参加下さり、誠にありがとうございました。家族でひとつのことを成し遂げるというのは素晴らしいことです。『第九』は"Alle Menschen werden Brueder(全ての人々は同胞となる)"、つまり人類がひとつになることが最大のテーマですが、『第九』を通して家族がひとつになれたことをベートーヴェンは喜んでいることでしょう。

11日の『第九』は聴衆に伝わる演奏でした。この演奏を通して、合唱がひとつになり、オーケストラやソリストとも一体化し、聴衆をその世界に引き込み、コンサートホールが『歓喜の歌』で満たされました。180年の時を越えて、ベートーヴェンが復活したのです。そこには時代を超えた普遍性があり、永遠の命があります。これこそがクラシック音楽の良さ!

是非ともできうる限り、一家で音楽をして下さい。
是非次回の「悠久の第九」にもご参加下さい!
投稿者:し〜らかんす sop.
小松先生の魔法にかけられたようでグングンその世界に引き込まれ、全身全霊で歌いました。でもそれも中村先生のご指導の上に成り立っていたもの。ありがとうございました。
 
 この第九は今回初めて参加させていただきました。1日6時間を3日間、1人で話す仕事の直後の演奏会でしたので、朝には声がかすれて高音が出ない!と心配でした。おまけにいざ本番、と家を出るまえにいろいろアクシデントがあり、ゲネプロぎりぎりで、リハーサル室めがけてどすどす走ってくる私に先生がドアをあけていてくださらなかったら遅れるところでした。感謝です。
 
 でもやはり魔法にかかったのか、舞台ではいつもよりのびのびと声がでました。
 
 終わって熱くなった気持ちのまま町に出ると、冬の冷た〜い空気が心地よくクリスマス一色の町のイルミネーションもロマンチックで、そこに花束を持った中村先生がいらして、感動のあまり飛びついてKusse(ドイツ語見付からず)しそうになりましたが、理性によって食い止め、おばさんらしく上品に「お疲れ様でした。」と言えてよかったです。

 今度どこかでお会いしたらし〜らかんすです、と自己紹介しますね。
 ありがとうございました。

 
投稿者:k.ゆみ
 終わってしまいましたね。

 本番はとても短く思えました。
先生から直前まで言われていたWの発音や,昨夜オケとテンポが合わなかった箇所,
全部思い出せ,気を付けることができたつもりです。

 なんだか,音楽がはっきり見えたんです。
ベートーヴェンが何を伝えたかったのか,
私たちがどんなメッセージを観客に伝えるべきなのか,・・・不思議な感覚でした。
180年も前の時代の,それもはるか遠くのドイツの音楽家ベートーヴェンの魂が,確かに感じられた空間でした。
 
 

 昨夜の演奏は技術的にはまだ足りないところがあったかもしれません。
でも,お客さんに「伝えたいもの」,「めざすもの」は表現できたのではないかと思います。
 
 家族3人での第九参加は私の夢でした。
夢が叶ったことも嬉しいですが,新しい仲間ができたこと,そして音楽に対する見方が広がったこと,中村先生に感謝しています。
 
 ありがとうございました。


投稿者:中村 貴志
石川裕子さんへ

コメント、ありがとうございます。

素晴らしい『第九』の合唱を
ありがとうございました!
合唱指揮者冥利に尽きます。

またお会いしましょう!
また「歓喜の歌」を高らかに歌いましょう!

12月28日の演奏会もお楽しみに!
投稿者:石川裕子
『悠久の第九』、今夜は楽しく歌わせていただきました。中村先生のご指導の賜物だと感謝しています。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。12月28日の合唱も楽しみにしていますね。
投稿者:中村 貴志
bumbumさんへ

ご応募下さり、誠にありがとうございます!
おそらく締め切りは大丈夫でしょう。
是非ご一緒できたら良いですね!
投稿者:bumbum
思い切って応募しちゃいました。
締め切りぎりぎりでOUTかも・・・。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ