中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、井上道義、手塚幸紀、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、角田鋼亮、川瀬賢太郎の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、『ディドとエネアス』(2プロダクション)、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』を指揮。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベツヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。現在、“名古屋大学グリーンハーモニー”ヴォイストレーナー兼客演指揮者、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、コーラスグループ“CoCoRoniココロニ”監修・編曲を務める。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中村 貴志
ぷちさんへ

合唱は慣れないことを素晴らしく成し遂げられましたよ(笑)。

子供たちも本番が良かったですね。終曲の最初の歌でグッときました。

次回もよろしくお願い申し上げます!
投稿者:中村 貴志
さちさんへ

「みずなみニューイヤーコンサート2013」、大変大変大変お疲れ様でした! 合唱は本当によくやって下さいました! 瑞浪版のために書き下ろした合唱曲を見事に歌って下さり、作曲者として心から感謝しております。

音楽で大事なのはプロ、アマチュア関係なく、「良い音楽を作ろう」と志し、一丸となること。そこに音楽の醍醐味がありますし、感動があります。是非今後もそのような「みずなみニュイヤーコンサート」を一緒に作っていきましょう! お会いできるのを楽しみにしております!
投稿者:ぷち
お忙しい中お返事ありがとうございました。
合唱さん、指揮者を背にしながらの慣れない本番を本当に素晴らしく成し遂げられて、またお子様達の最後の歌も本番が最もステキでステキで、大人の私が勇気を貰って終曲を演奏できました。
一期一会、関係された全ての方々の力で成し得た素晴らしい演奏会だったと心から思います。
次回ご一緒にステージに立たせて頂ける時までにまた日々精進いたします(笑)
投稿者:さち
先生、お疲れ様でした。
2年前にも稲垣先生という指揮者のもとプロの方々が集まるオーケストラと一緒にオラトリオ「森の歌」をやらせていただき、プロの方々の仕事というものを近くで拝見し、感動しましたが、今回も全く感動としか言いようのないものでした。すばらしいキャスト、またスタッフの方々の仕事を間近で見られたことはとても幸せな経験でした。
コーラスの部分は瑞浪版にしかないものでしょうが、私にとっては忘れられない曲になるでしょう。どうもありがとうございました。また来年に向けて普段の練習をがんばります。
投稿者:中村 貴志
ぷちさんへ

お返事が遅くなって、申し訳ございませんでした。

改めまして、「みずなみニューイヤーコンサート2013」、大変大変大変お疲れ様でした! ご参加下さったことを心から感謝致します。瑞浪の皆さんが真摯に取り組んで、あのような感動的な舞台を作って下さったことにただただ感謝あるのみです。作曲家冥利に尽きます。

合唱は本当によくやりましたね! 頑張りましたね! 本番直前までどうなることかと冷や冷やしましたよ(笑)。しかし、本番は堂々として動きに見事な歌いっぷりに感心しました!

「みずなみニューイヤーコンサート2014」に向けて動き出しています。是非ご一緒しましょう! この感動を再び!
投稿者:ぷち
中村先生、先日の『本能寺が燃える 瑞浪版』お疲れ様でした。そしてこんな凄い演奏会に参加させて頂き本当にありがとうございました。
これほど終わるのがさみしいと思った演奏会はありません。
まだ頭の中で光秀が歌い信長さまが歌っています。オケも鳴ってます。なかなか戦国時代から現代に帰ってこられません(>_<)
終曲の最後、先生の感情が垣間見えた時実はつられて泣きそうになってましたが、先生が我々2人に与えた最後の試練?『最後なんだから外したくない高音』(勝手に命名)があったため泣いてる場合ではありませんでした。
散々練習でもゲネプロでも外しまくったその“試練?”を本番でなんとか当てたときようやくいろんな意味で涙がじんわり出てました。
またいつか先生と同じステージに立てることを楽しみにしています。本当に良い経験をさせて頂きありがとうございました。楽しかったです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ