2007/6/3

無事帰還しました。ミラコスタ編  日常方面

恭:やぁ、グッタリするぐらい長い日記で疲れたろう?黒金もどうやら死に絶えたらしい、ココは一つホテル編はナリキリ形式というアイタタ方式で進めさせてもらうよ。ね、兄さん?
雹:うむ…愚民どもの心を掴んで話さないディズニーシー、その全貌、知った暁には是非我が計画にも利用したいものだ
恭:そっか〜…兄さんが日本征服したらコレぐらい豪華な家を僕にプレゼントしてくれるんだね☆
クリックすると元のサイズで表示します
雹:…………なんだ…ココは…日本か…。
恭:広いエントランスに着くと兄さんみたいな衣装の人達がスグに緒出迎えしてくれるよ…もうそれだけで庶民な黒金なんかはセレブ気分みたいだねぇ…;何だか哀れだな…。
クリックすると元のサイズで表示します
恭:入って先ず吃驚なのはホールの吹き抜け。ホ−ルを中心にレストラン、ショップ、ディズニーシーへの連絡通路、結婚式場、ホテルの部屋への道……と放射線状に道があるんだ、それにしても広いなぁ…。壁画には様々な女神達が描かれているけどとても納まりきれないよ。
不思議なのはホテルの女神達なのに災害の絵も描いてあるんだよね、シーには他にも、災害の絵が結構描かれているんだよ。何故だろう。テーマパークなのに…。
雹:うむぅ…謎なのか…ただなんとなくなのか…
クリックすると元のサイズで表示します

恭:さ、豪華な絨毯の廊下を抜けていよいよ部屋だ、ミラコスタはピノキオをモチーフにしているらしい、部屋と部屋の合間の壁画にはピノキオ達が描かれているよ、それにしても…ココは迷路だな…。兄さん、なんで顔が弛んでるの?
雹:Σああ、スマン。どうも部屋と聞くと…つい…。
恭:…………///。部屋の中はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
うわぁ…調度品がいちいち豪華だね…凄い…。さすが素泊まりで2万円。ベッドも広々だよ。
雹:メジャー持参の黒金の計測だからな、182・3Bの我々もそこそこゆったりできるサイズだ…。しかしガウンは我々にはやや小さいな…つんつるてんになってしまう…サイズ変更か…着ないか…。
恭:サイズ変更だ。
兄さん、顔がだらしない。でも、二人で眠るにはちょっと狭いかな…。今日は僕は一人でゆっくり寝させてもらうよ。
雹:…………orz

恭:茶色の家具の中にはテレビが内蔵されている。ルームサービスはゲロ高いから、ちょっと取り辛いかもね…。ちなみに冷蔵庫周辺にはドリンクとおつまみがぎっしり、僕は5周年限定パッケージのミネラルウォーターだけ買う事にするよ。ピノキオがモチーフにされているホテルだけあって、壁紙にはゼペットおじさんや、クレオが描かれていたりするよ。
雹:それに、景色も良い…パーク側と言うのは流石に感心するな…非日常極まれりだ…。こうやって高い所から人を見下ろすのは……実に私にあってる…。こうなるともっと高い所にしたかったが仕方あるまい…。
クリックすると元のサイズで表示します
恭:馬鹿となんとやらって言うモンね…
雹:伏せる位置が逆だ…;恭介……。
クリックすると元のサイズで表示します
恭:さぁ…また押して来たからシャワールームだよ!浴槽は広くゆったり、疲れた身体を癒してくれるサイズ。これもメジャー持参だから間違い無いよ。変態って凄いね。僕達なら少し足を曲げる程度、アメニティには泡風呂の元もあるから、綺麗なお肌になれるよ…。ハイ、後ろ、ニヤニヤしない。ただアメニティには洗顔フォームが無いので、用意はして行った方がイイと思うぜ。
僕が嬉しいのは鏡が沢山ある事かな…。洗面台付近には、全身も写せる鏡もあるし、全部で3つあるんだ………………………………………………………………………………………………………。
クリックすると元のサイズで表示します
雹:恭介が、自分を見つめはじめたので、引き継ぐが、ホテルの説明は大体こんな物だ。そして、夜、我々は、この愚民の心を掴んで離さないテーマパークの裏側を見る事になる。おい、恭介!
恭:え!ええああ!ごめん!そう、僕達が泊まった5/31は5周年の最終日。6/1からはもう平常営業になるんだ…。つまり、
雹:5/31の深夜は5周年の全ての撤収作業となる。
恭:窓側の宿泊者のみに許された特権…撤収作業の見学これはなかなかレアな映像だ…今夜は眠れないね…。
雹:……?え??そっち方面で?
恭:他に何もナイでショ?さぁ!閉園時間1時間経過…ちなみにこれが、開園時間中のパークだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこれが……閉園後…のほぼ同じ場所のパーク。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
雹:車………!!沢山……!!!!!!!!
恭:これから裏方の人達がパークの全ての『5周年』というロゴを撤収するみたいだね…。沢山の人達が、眠らないで頑張っている、夢を維持する為に。何だか壮大で凄い話だね…。
雹:侮っていたな…。
クリックすると元のサイズで表示します
恭:朝の6時にはミシカで使用した船が点検の為に浮いていたり、街灯1本1本を掃除したり……僕は何だか……感動したよ…。本当に、ここは人の力で動いている、夢の国だと…。
雹:うむ……さて…もう朝か…アメニティもコースターも、貰いモンはがっぽり貰ったし、後は、朝焼けを見ながらスル事をシテ……。
恭:さぁ〜て、仮眠をとったら、今日は1日パークで遊ぶぞぉ!連日の長いブログ、読んでくれてありがとう〜!メールフォームのお返事は、次回に!さて、今日は何処を回ろうかな?兄さん、お会計よろしくね〜。
雹:……orz

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ