動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2012/2/28

声なき叫び@  センター搬送

センターの先生からの着信だ・・・。
夕方の時間、きっと急な持込があったのだろう。
車を停めて電話を掛けなおす。

「Nさん・・・。状態の悪い子なんですが・・・」

先生の声も重い。
すぐに代表とあんなさんと相談してセンターへその子を見に行くことにした。

クリックすると元のサイズで表示します
酷い状態で目も確認できない。
クリックすると元のサイズで表示します
毛玉で目が塞がっている。
クリックすると元のサイズで表示します
歯だって歯茎に穴が空く位状態が悪い。
ゴハンは食べられているのだろうか?

この子には昨日まで家族がいた。
どんな生活を送っていたのでろうか。
体は糞尿のスゴイ臭いだ。

急ぎ引取の手配に入った。
目はおそらくダメだろう。
睾丸は大きく肥大している。
去勢もせずに具合が悪くなっても病院なんか行った事も無かったはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します
それでも人間の傍に寄ってくる。
犬はどんな酷い事をされても人間に頼るしか無い。
そんな弱い存在のものにこんな仕打ちをするのだろうか。
なぜこうなる前にどうにか出来なかったのだろうか。



クリックすると元のサイズで表示します

つづく・・・
168




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ