動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2011/10/11

ごめんね リッチ・・・  センター搬送

一頭引取に掛かる費用はどれ位と思いますか?
CATNAPは高齢犬も引取しますので、1頭の医療措置単価はそりゃ高額です。
それもご寄付やご支援頂く皆様のお陰です。

ここの所、シニア域の子の引取が続き、会もいっぱいいっぱいでした。
東京と違い、千葉は入るレスキュー団体も少なく、オファーの無い子が沢山います。
センターと相談してなるべく引取は出来るように努力しますが、それでも見送る時もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
この子はお尻に大きな会陰ヘルニアを抱えていました。
小さな小さなパピヨン君です。
この小さな体に鶏卵大のヘルニアがぶら下がったいたのです。
引取を検討している時、現在闘病中のパピヨン♀クレアを預かって下さっているカコさんに相談をしました。
カコさんは二つ返事でOKを出してくれました。

「早く出してあげて。」カコさんはそう言ってくれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛い子だった。病気を治してあげれば、きっとすぐにいいご縁と巡り合えると思っていた。

でも・・。迎えに行った時のパピヨンくんはかなり弱っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

急いでカコさんの所に連れて行き、ざっとキレイにしてもらって病院へ行ってもらった。
クリックすると元のサイズで表示します

病院で詳細検査の結果、かなり状態が悪く即入院になった。

夜、携帯にカコさんから電話。
「かなり悪いらしいから、今から行って来る」
数分して
「呼吸が止まったので蘇生措置に」
しばらくして
「先生も頑張ってくれたけど、亡くなりました」



   酷い脱力感に襲われた。
   なんで、もっと早く引き取ってあげれなかったのだろう。


ヘルニア部からは膀胱と小腸が出ていて、小腸は壊死を起こしていたそうだ。
どんなにか痛かったかはずだろう。

深夜、カコさんから電話が掛かってきた。
今、連れ帰ったと。
「今日は抱っこして一緒にねてあげる。私がこの子のママだから」

「私に家の子として、お空に送ります。○○リッチと名前を付けました」

リッチ、カコさん、ごめんなさい。

リッチはカコさんの胸に抱かれ、ほんのちょっとだけの最後の幸せを感じる事は出来たはず。

クリックすると元のサイズで表示します

そう思わなければ、やりきれない・・・。
378




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ