動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2011/8/5

引取ざます 8/5 B  センター搬送

もうね・・・多少の事で驚きません。
ウジもシラミも想定内。
末期がんを隠して持込みも想定内。
引越置き去りも経験済み。
トリミングに出して取りに来ないっていうのもあったな。

変な話・・・来週から刑務所に収監されるからってものあった。

でもね、捨てられるなら、捨てるような飼い主ならそれでもいいって思うんですよ。
せいぜいちょっと若けりゃね。
推定10歳以下なら、そんなに心配もせんとです。
CATNAPは高齢犬にご理解のある里親希望様や支援者様もいます。
時間は掛かるかもだけど、高齢犬でもご希望が来る時もあります。
CATNAPはシェルターを持たない団体でご家庭で家族同様で預かってもらっています。
里親希望が難しい高齢犬や病気犬もいますが、代表はじめスタッフは諦めてはいません。
どの子にもご縁はあると信じて活動しています。

でもね、あまりにも超高齢だと引取か否かを悩むのです。
預かり宅で看取りになるかも知れません。
それが預かりさんの負担になるかもしれないし。

相談のあった子は飼い主持込みで18歳。
センターの先生は処分前に相談をしてくれました。
「Nさん、18歳っていうんですけど、どうにも10歳位にしか見えないのです」

うーん、どうしよう?

とりあえず見てみないと。
クリックすると元のサイズで表示します
首にトラロープを掛けようとしたら、ガブっときた。
一生懸命に保身する。

えー?18歳ってこんなに元気?

クリックすると元のサイズで表示します
すくっとまっすぐに立つ。
まあ10歳は超えているかもだけど、18歳は無い気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
目は見えていないが、周囲を察して臆することなく動いています。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとなくほまくんに似ている。

プチはあんなさんにお願いしました。
あんなさんからも「18歳?えー?もっと若いでしょう。」って言われていた。
すごく大事に可愛がられていたなら18歳なのかもだけど、うーん本当にわかんない。
おまけに健康診断では目は見えないものの心雑音も無い。
とりあえず、健康状態○。

年を取っている子は看取りも視野にある預かりさんに預かってもらうことになる。
もちろん、ご縁は諦めていない。
ご理解ある里親様が出るんじゃないかっていつも思っている。

ゆっくりんさんに預かり先の相談をしたら、二つ返事で快諾して下さった。
高齢犬の魅力を存分にご理解して下さっている方でもある。

謎多きシーズー君は【東風こち】くんと命名された。
菅原道真の句からだそうだ。
優しい風のように穏やかな犬生を過ごして欲しい。
間もなく、里親様募集開始です。




高齢犬の遺棄や持込みには思うことが多々ある。
考えさせられる。
51




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ