動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2011/5/31

目を閉じれば見えてくること 耳を塞げば聞こえてくること  CATNAP

ほま君もそうですが、会には目の見えない子も多くいます。
「目が見えない」
あんまりスタッフは気にしません。
「耳が聞こえない」
はーそうですか、とスタッフは言います。
「片目が見えない」
あら、片目は見えるのね。素晴らしい!とか言います。

犬は視力に頼らずとも上手に生活しますし、飼い主が思うほどの苦労も無いです。
耳が聞こえなければ、手で体を触りながらサインを送ってあげればいいのです。

目が見えない、耳が聞こえないって言うのは保護犬界では大したハンデではありません。
ほま君の心臓や体調は心配ですが、ほま君が目が見えない、耳が聞こえないで苦労した事はありません。
実に上手に生活しています。

目を閉じれば、見えてくること
耳を塞げば、聞こえてくること


目や耳の不自由な子は何か特別な力を持っている気がします。
決して可哀そうではありません。
会にはそんな子が結構います。
単なる個性です。

クリックすると元のサイズで表示します
セナくんも素敵な里親様と巡り合えたもんね。
165




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ