動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/12/21

シフォン お届け  トライアルお届け

預かりスタッフは我が子同然に保護犬を預かっていますから、いくら幸せになれるからと思っていてもトライアルのお届けは嬉しさと悲しさで複雑なものだと思います。
預かりっ子が可愛くて、家の子にしてしまいたい。
家の子にすれば、置ける犬猫の数も限られ、保護犬の預かりが出来なくなる。
そうなると、助けれれる命も減る。
ただでさえ、預かり先は全然余裕はない。

クリックすると元のサイズで表示します
demiさん預かりのシフォンのお届けに行ってきました。
シフォンは病気治療中ですが、それでもと望んでくれました。
里親様はとてもお優しくご理解のある方です。
先住さんも里子さんです。

お見合いの後、demiさんは泣きながら、私に電話を掛けて来て「あの方ならお任せ出来ます」と言いました。

シフォンちゃん、トライアルおめでとう!
50




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ