動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/6/11

カエラの残された時間@  カエラの時間

クリックすると元のサイズで表示します

あたしはカエラ。
あたしはちょっと前まで元の飼い主とずっと一緒だったの。
もとの飼い主はある日突然、あたしを処分にとセンターへ連れてきたの。
あたしは寂しかった。
でもセンターの職員さんがCATNAPに聞いてみようって言ってくれた。

あたしは小梅に迎えに来てもらって、同僚さんとりんえんさんにキレイキレイしてもらったの。
そのあと、優しそうなクララママが迎えに来てくれた。

「可愛い子ね〜。これから一緒にママを探してあげる」っていっぱい抱っこしてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかった。クララちゃんとお出かけもしたし、ふかふかのベットでも寝れた。
もう寂しくなんて無いんだって思ったの。

でも・・・あたしの体はもうボロボロだったの。


小梅が迎えに来たの。
「カエラちゃん、病院に行こう。その後は代表の家でゆっくりしようね」って。

病院に行ったら、看護師さん達があたちを覚えていてくれたの。
「カエラちゃん、いい子だね〜」って。
先生に色々検査をされて、小梅が浮かない顔で代表さんにメールを打ってた。
「代表さんてどんな人なの?」
「とっても優しい人よ。美味しいものいっぱい食べようね」

代表があたしを迎えに来てくれた。
代表のお家もとても楽しいの。
ワンコもニャンコもいるの。

翌日、代表が涼しい時間に近所の大きな公園に連れて行ってくれた。
ダイスケ兄ちゃんも一緒だったの。

キレイな夕日だったな〜。

前の家族に捨てられて、寂しかったけど、カエラもう寂しくない。
みんなにいい子ねって誉められるし、いっぱい撫でてもらえる。
でも代表ママはなんでそんなに悲しい顔であたちを見るの?

「カエラちゃん、来週は一緒に大きな病院へ行こうね」

代表ママと一緒なら、カエラどこでも行くよ。


カエラの残された時間を小梅の目線でこれから書きます。

このブログの左横の記事カテゴリー【カエラの時間】からお読みください。




266




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ