動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/2/15

こんなに小さいのに・・・  CATNAP

センターからの相談に代表とあんなさんと頭を抱えていた。
依頼があったのはポメラニアンの男の子。
クリックすると元のサイズで表示します
センターでの見立てでは8〜10歳。
この子は迷子遺棄収容だが、一旦は他からオファーが入った。
でも取り消しになったそうだ。
高齢犬を引取をすることには覚悟が付きまとう。
引取後に重篤な病気が発覚することもある。
冷たいようだが会は老犬ホームでは無い。再譲渡が目的である。
使える医療費だって湯水のようにあるわけじゃない。

私はあるベテランスタッフさんに相談した。
「預かりますよ」とお返事をくれた。

ダブルコートのポメラニアンにケアは付きものだけど、毛玉だらけの子。
がりがりでずっと放置されていた飼い方が予想出来る。
クリックすると元のサイズで表示します

目は白内障はない。今のコンディションは悪いけど、もしかしたらもうちょっと若いかも知れない。
クリックすると元のサイズで表示します
りんえんさんに抱っこされてご機嫌なポメくん。
クリックすると元のサイズで表示します
病院受診とプチはあんなさん
トリミングは同僚さんとりんえんさん

夜にあんなさんからメールが来た。
フィラリア陽性でしたと。
千葉では珍しくない小型のフィラリア陽性。
多分、屋外で飼われていたのだろう。
幸いにも心臓にはダメージも無く、心雑音もない。
推定年齢は8歳位では?と言われた。

月末まではあんなさん宅にプチ滞在して、本預かりさん宅に移動します。
ポメと言ったらあの人ね。
どうぞよろしくお願いします。
とても元気にしています。
86




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ