動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/2/8

高齢犬や大きな子達  

月曜の朝はセンターとの連絡に追われます。
今週期限が切れ、センターから引取依頼相談が来るもの、飼い主持ち込みの情報が来るのも週初めが多いです。
センターからの連絡を受けると代表とあんなさんと検討が始まります。
預かりスタッフさん達にもいろいろのタイプの方がいて、なるべく預かりご家庭の環境に合った子をとは思っています。

まず初めてや慣れていない方には最初から難しいタイプの犬は預けません。
すんなり里親様が付きそうな子を預けています。

私も初めての預かりっ子はすんごく楽ちんな子でした。
可愛くて可愛くて、そりゃ〜預かり生活は楽しかったです。
そのうちにどうしてもその子と別れる事が、いや、別れるというか里子に出す事が出来ないと思ってきてしまったのです。
その時の私は随分甘い考えだったと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
↑初代預かりっ子。

里親さま達には人気の無い高齢犬でも実は預かりスタッフには人気があったりします。
高齢犬というのはわびさびをわきまえていると言うか、人間との距離を掴むことがとても上手かったりします。
その反面、健康面での心配は出てきます。
健康面では病院へ通う手間も掛かりますし、病院通院が頻繁な保護犬の預かりさん達はそれは大変です。
皆、お仕事と家庭を両立されている方々ばかり。
お休みの日を利用して病院へ行ってくださったりしています。

でもその預かりスタッフさん達は同じ事を言います。
「でもすごくいい子です。とても可愛い。」と。

酷い状態で捨てられ、センターに収容されて命のカウントダウンが始まった時に会はなんとか1頭でも助けたいと尽力します。
センターでボロ雑巾のようになって、覇気の無い状態の子でも目に力が出てきて、感情が表に出せるようにもなります。
その変化が高齢犬預かりの魅力でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
chocoさん預かりの秋田のハナちゃん
小型と違って大型犬のお世話は大変です。
でもハナちゃんは今が本当に楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示します
ご縁はなかなか難しいかも知れない。でも無いともいえない。

クリックすると元のサイズで表示します
yukkyさん預かりの岳ちゃん
脳炎が見つかった。今はステロイド投薬をしている。
穏やかで優しい子。
yukkyさんもすごく岳ちゃんを大切に預かって下さっている。

クリックすると元のサイズで表示します
高齢犬ではありませんが、ショック糞やゴインでなかなかお騒がせの月さん預かりのあんじぇらさん
あんじぇらさんは環境を整えてあげれば、むしろいいパートナーになると思います。
月さんはいつも預かり犬の打診をする時、ふたつ返事で「大丈夫」と言ってくれる。
仔犬だって、少々性格がキツイ子だって預かってくれ、矯正してくれる。
今の千葉にはなくてはならない方。

大きな子達にはそれなりに魅力がり、また小さな事を気にしないおおらかさがある。
大中型預かりさん達もおおらかで似ている。

千葉の大きな子達の小梅目線の紹介です。
 皆さん、愛すべき犬バカスタッフです。
  ご・ご・ごめんなさい・・・T▽T
  写真、勝手にお借りしました〜。

次回は小型の高齢犬の魅力編。その次は中年犬の魅力編。
そしてスタッフのひみつをばらしちゃおう編。
99



2010/2/14  19:03

投稿者:静御前さま

はじめまして!
我が家には15歳半のmix(♀)がいます。
1年前に心臓発作を起こし、日常生活に気をつけながら薬を飲んではいますが、穏やかなご隠居生活を送っています(^^)

純血種も飼った事はありますが、『ペットブーム』は以前から大嫌いでした。
見た目や流行・見栄で飼う人が多く「雑種なんて」という態度の人にたくさん会ってきました。
それなのに、最近は【デザイナーズドッグ】とか言って、種類の違う純血種同士を掛け合わせて10万円以上
もするなんていう矛盾!!
世の中の人に、子犬や純血種以外の選択肢もあって、その子自身やその年齢にしかない魅力がたくさんあることを知ってほしいといつも思っていたので、今回のブログには大賛同です♡♡

それからテレビを見て思うのは、動物番組制作者は、正しい飼い方やマナー向上、飼っている人の様々な工夫を紹介するなどして、虐待や「安楽死」等が少しでも減るように努め、世間への影響力を常に意識して報道してほしいですよね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ