動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2009/9/30

数時間後の処分の前に…  CATNAP



CXでの特集をご覧になりましたか?
私は毎週このような所に通っています。
正直、辛いです。肉体的ではなく、精神的にです。
搬送希望のスタッフがいても、皆、辞めていきます。
どうして続けていられるのだろう?

クリックすると元のサイズで表示します
ここは最終部屋、もう数時間後には処分。
その中に大きな野犬風のワンコさんにいじめられているmixさんがいた。
震えながら、窓近くにいる私の元に来ようとしている。
でも大きな子はそれを許さない。
「もうすぐ死ななくてはいけないのに…それなのに…」
大きな子が悪い訳では無い。全てはこんな風な世の中にした無責任な人間だ。
クリックすると元のサイズで表示します

私の勝手ではこの子は救えない。でも時間が無い。
センターも譲渡と処分の選別を終えていた。
この子は数時間後に苦しみながら死ぬのだ。

         でも見送れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
代表に連絡を入れて検疫に残してもらった。
クリックすると元のサイズで表示します
月さんに相談して、預かりを受けてもらった。月さん、休みなく本当にありがとうございます。
トリミングは同僚Rさんとりんえんさん
病院受診はあんなさん

この子…、収容情報に居なかったのです。
どこかの保健所への飼い主持込だそうです。
処分される為にセンターへ移送されて来ました。
135



2009/10/2  20:55

投稿者:こたれ

はじめましてこんばんは。

いつも拝見させていただいています
みなさんの活動には頭が下がります
mixの子の目が何かを訴えていますよね・・
飼い主持ち込みだなんて、酷いことを!!
でも救ってくれたのですね、良かった♪
これからも陰ながら応援させて頂きますね

http://blogs.yahoo.co.jp/tekutekutarezou

2009/10/2  13:38

投稿者:jingles

小梅さん、
休む間も無く本当にお疲れ様です。

まーくんはこれからは富山っ子です。
いろいろありがとうございました。

お風邪いかがですか?
どうぞお大事になさってくださいね。

2009/10/2  1:58

投稿者:まるママ

今日初めてセンターに足を踏み入れました。
「私は行けない」そう言い切っていたのですが必要に駈られて。

胸に込み上げるものを抑えるのに必死でした。
逃げていた自分を心から恥ずかしいと思い、
自ら買って出て下さる搬送さんに改めて感謝しました。
本当にありがとうございます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ